白山手取川ジオパーク
ゆきママとしずくちゃん

各種募集はこちら

ゆきみらいシンポジウム

 石川県白山市は、標高2,702mの白山を有する豪雪地帯から日本ジオパークの「白山手取川ジオパーク」に認定されており、「大地と自然と人々の生活」それぞれが深く関わり合っている地域です。
 現在、「ユネスコ世界ジオパーク」の認定に向け、申請中であり、地域の気運が高まっています。
 「ゆきみらい2022 in ⽩⼭」は、そのような⾃然豊かな地域において、雪がもたらす恩恵を再認識し、これからの「雪との関わり」について議論し、⽩⼭の恵みを世界へ発信することを目的としています。

詳細は今後ご案内いたします。

※新型コロナウイルスの感染状況により開催方法を変更する場合がございます。

ゆきみらいシンポジウム 事前申込みについて

ゆきみらいシンポジウム 概要

開催日 令和4年1月27日(木)14:00~17:00
(開場時間13:00~/開演時間14:00~17:00)
会場 松任文化会館ピーノ ホール

プログラム

時刻 時間 内容
13:00 60分 開場・受付
14:00 20分

●主催者挨拶
北陸地方整備局長(実行委員長)

●開会挨拶
石川県知事

●来賓挨拶
国土交通省(技監)

●シンポジウムメッセージ(開催地挨拶)
白山市長

14:30 45分

●特別講演
『白山と手取川、大地のキセキ(軌跡・奇跡)とその魅力』

青木  賢人 氏
金沢大学 人間社会学域地域創造学類 准教授
白山手取川ジオパーク友の会会長

15:15 20分 休憩・換気
15:35 85分

●パネルディスカッション
『古代から現代、白山の恵みを世界へ』

コーディネータ:
山下 浩雅 氏(雪だるままつり仕掛け人、白山市観光文化スポーツ部長)

パネリスト:
 青木  賢人 氏
(金沢大学 准教授)

 北村 祐子 氏
(岩間山荘女将、白山一里野温泉おかみの会副会長、白山商工会女性部長)

 山口 一男 氏
(石川県立白山ろく民俗資料館館長)

 宮本 義浩 氏
(石川県土木部道路整備課長)


  • 山下 浩雅 氏

  • 青木  賢人 氏

  • 北村 祐子 氏

  • 山口 一男 氏

  • 宮本 義浩 氏
17:00 5分 ●閉会