本文へジャンプ

トップページ > 写真コンテスト > 信濃川・大河津分水 写真コンテスト

信濃川・大河津分水 写真コンテスト

審査会 総評

皆様、お疲れ様でした。写真を撮る時というのは、去年はこうだったな、今年はこうだなと自分の中で考えて、駆け引きをしながら撮ると思うのですが、グランプリとなる作品は、誰が見てもいい作品に仕上がっていると思いました。このコンテストを通して、信濃川を愛し、何度も何度も足を運んで、写真を撮りに行っている方々が大変多くいらっしゃる事がよく分かりました。ぜひこれからも、このコンテストを続けていただきたいのと同時に、応募される方々も創意工夫をし、よりよい作品を撮っていただきたいと思います。 どうもありがとうございました。

 ■【平賀 治雄(審査委員長/新潟県写真家協会会長)】■

 

 皆様、お疲れさまでした。私も毎年、このコンテストを楽しみにしている一人です。今年も、信濃川と人々の生活が折り重なった、とてもいい作品が多いなと感じました。来年も、楽しくそして面白い作品を期待しています。どうもありがとうございました。

 ■【松本 明彦(審査委員/長岡造形大学視覚デザイン学科 教授)】■

 

巡回写真展

  受賞作品を巡回展示します。日程、会場はこちらをご覧下さい。 → [ 日程・会場 ]




ページの先頭へ戻る