国土交通省北陸地方整備局信濃川下流河川事務所 やすらぎのしなのがわ

重要水防箇所

>ランクの説明    >水防活動とは

ランクの説明

「重要水防箇所のランク」の解説

 「重要水防箇所」とは、洪水時に危険が予想され、重点的に巡視点検が必要な箇所をいいます。「重要水防箇所」には、

  • A:水防上最も重要な区間
  • B:水防上重要な区間
  • 要注意区間

以上の3ランクがあり、堤防の高さや洪水流下のための断面、堤防からの漏水等の観点から「重要水防箇所」の「種別」を区分して指定されます。
 また、<A>の区間において、特に水防時に重点的に巡視すべき区間重点区間として設定しています。

種別 ランク
<A>水防上最も重要な区間 <B>水防上重要な区間 要注意区間
堤防高 計画としている洪水が流れてきた場合に、堤防が低いためあふれる箇所 計画としている洪水が流れてきた場合に、あふれることはないが、必要な余裕高(計画の堤防高と洪水の水位との差)がとれない箇所  
堤防断面 現在の堤防の断面積あるいは天端の幅が、計画に対して半分に満たない箇所 現在の堤防の断面積あるいは天端の幅が、計画に対して足りないが半分以上はある箇所  
法崩れ・滑り 過去に堤防の斜面が崩れたことがあるが、まだその対策が十分でない箇所 法崩れまたはすべりの実績があり、その対策が暫定的にとられている箇所。また、地盤の土質等から法崩れ、すべりが発生する恐れがある箇所で、所要の対策が未施工の箇所  
漏水 過去に漏水が起きたことがあるが、まだその対策が充分でない箇所 漏水の実績があり、その対策が暫定的にとられている箇所。また、かつて破堤した箇所等、漏水の発生する可能性がある箇所で、所要の対策がとられていない箇所  
水衝・洗掘 水衝部にある堤防の前面の川底が流れにより深く掘られているが、まだその対策が充分でない箇所。橋などのある場所が流れにより掘られているが、まだその対策が十分でない箇所。 水衝部にある堤防の前面の川底が流れにより、それほど深くはないが掘られており、まだその対策が十分でない箇所。  
工作物 堰、橋、樋管などのうち、護岸が取り付けられていなかったり、施設が老朽化しているなど、改善する必要があるがまだ対策が十分でない箇所。橋などの高さが低いため、計画としている洪水が流れた場合、橋桁がもぐってしまう箇所。 計画としている洪水が流れた場合、橋桁がもぐってしまうことはないが、必要な余裕高(桁下と洪水の水位との差)がとれない箇所。  
工事施工     出水期間中に堤防工事等を行う箇所
新堤防     堤防を新しく作ってから、3年以内の箇所
破堤跡    

過去に破堤(堤防が決壊すること)したことがある箇所

旧川跡    

以前は川であったところが現在では堤防となっている箇所

陸閘     陸閘が設置されている箇所