国土交通省北陸地方整備局信濃川下流河川事務所 やすらぎのしなのがわ

信濃川水系 信濃川下流・関屋分水路 浸水想定区域図

【凡例】
pdf版はこちらPDF版はこちら(9.3MB)
▼エリア内をクリックすると拡大表示します。

新潟市中央・東・江南・西区
新潟市秋葉・南・西蒲北部区
新潟市南・西蒲区南部・加茂市・田上町
三条市・燕市・長岡市
作成の目的
浸水想定区域とは
水防法
  1. 説明文
    1. この浸水想定区域図は、信濃川水系信濃川下流の河口から上流50.8k地点(関屋分水路含む。)までの洪水予報区間で洪水氾濫した場合において、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、当該区域が浸水した提合に想定される水深を示したものです。
    2. この浸水想定区域は、現在の信濃川の河道整備状況、補助ダム(刈谷田川、大谷、笠堀)の洪水調節施設の状況を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる降雨である概ね150年に1回程度起こる大雨が降ったことにより信濃川下流が氾濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。
    3. このシミュレーションの実施に当たっては、刈谷田川、五十嵐川、中之口川等の支派川や隣接する阿賀野川の氾濫、想定を超える降雨、高潮、内水(雨水が河川に排水できなくなり生じる浸水被害)による氾濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。
    4. なお、信濃川左岸域、信濃川右岸上流部及び下流部については、隣接する洪水予報指定河川阿賀野川及び信濃川の氾濫の影響が考えられますので、別途、指定・公表される阿賀野川、信濃川浸水想定区域を参照する必要があります。
  2. 基本事項等
    1. 指定の前提となる計画降雨 信濃川下流流域の2日間総雨量270mm
    2. 関係市町村
      新潟市、中央区、東区、西区、江南区、秋葉区、南区、西蒲区、長岡市、加茂市、三条市、燕市、見附市、田上町、弥彦村
    3. その他の計算条件等
      1. 氾濫計算は、対象区域を250mメッシュ(以下、計算メッシュ)に分割して、これを1単位として計算しています。
      2. 計算メッシュの地盤高は、1/2,500都市計画図から求めた平均地盤高を使用しています。このため、微地形による影響が表せていない場合があります。
      3. 連続して大規模に盛土された道路や中小河川の堤防等については、はん濫水の広がりを左右することから計算メッシュにおいて平均地盤高とは別に扱い、その影響を考慮したシミュレーションを行っています。

  • この地形図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の5万分の1地形図を複製したものです。(承認番号 平13 北複、第266号)
  • この図は水防法第10条の4第3項及び同施工第2条1項の規程に基づいて、北陸地方整備局及び信濃川下流 河川事務所において閲覧に供する浸水想定区域図を縮小編纂したものです。
  • この浸水想定区域図は、国土交通省北陸地方整備局河川部河川計画課環境係及び国土交通省信濃川下流河川事務所でも縦覧可能です。
  • この浸水想定区域図は、現在の信濃川下流や各地域の地形・形状をもとに計算しています。