大河津分水路改修事業監理委員会

大河津分水路改修事業監理委員会

1.委員会の設立趣旨

 大河津分水路は通水以来、幾多の洪水を日本海へと流し、信濃川下流域の洪水を最小限にするとともに、可動堰・洗堰による適正な分派によって利水機能が確保され、越後平野の発展の礎となってきました。しかしながら、上流に比べ河口部の川幅が狭く流下能力が不足しているほか、床留群周辺での経年的な深掘による河床安定性の低下や施設老朽化等さまざまな課題を有しているため、平成27年度よりその抜本的対策として河口部の拡幅や第二床固の改築等の分水路改修に着手し、令和14年度を目処に完了させる予定です。
 このような大規模な事業を効率的・効果的に実施するため、国土交通省では、コスト縮減策やその実施状況、工事の進捗状況等について、第三者の意見を求め、事業費、工程等の事業監理の充実を図ることとしています。
 これらを踏まえ、信濃川河川事務所では、大規模改良工事である大河津分水路改修事業の事業費、工程等の事業監理について、学識経験者等の第三者から意見・助言を頂くため、「大河津分水路改修事業監理委員会」を設立しました。

2.委員会の経緯

開催日 会場 議事内容 概要 配付資料
第1回 平成29年7月27日(木)
10:00~11:30
まちなかキャンパス長岡
301会議室
  1. 信濃川水系河川整備計画について
  2. 大河津分水路改修事業について
  3. 今後の進め方について
審議概要 -
第2回 平成30年8月22日(水)
14:30~15:45
信濃川大河津資料館
多目的ホール
  1. 前回委員会審議結果について
  2. 事業の進捗状況及び今後の予定について
  3. 掘削土砂の有効活用について
審議概要 -
第3回 令和元年7月24日(水)
14:45~15:45
信濃川大河津資料館
多目的ホール
  1. 前回の審議結果について
  2. 事業監理(事業費・工程等)の取り組み状況について
  3. コスト縮減の取り組み状況について
  4. 広報の取り組み状況について
審議概要 -
第4回 令和2年8月19日(水)
15:35~16:35
信濃川河川事務所
1階会議室
  1. 規約の改正について
  2. 前回委員会審議結果について
  3. 事業監理(事業費・工程等)の取り組み状況について
  4. コスト縮減の取り組み状況について
  5. その他
審議概要
次第・座席表
資料-1
大河津分水路改修事業監理委員会設立趣意書
資料-2
大河津分水路改修事業監理委員会規約(案)
資料-3
前回の審議結果について
資料-4
令和元年東日本台風による出水状況
資料-5
前回委員会での主なご意見と事務所の対応状況
資料-6
大河津分水路改修事業の概要及び事業の実施状況
※第4回大河津分水路事業監理委員会において、配付資料の公表について同意されたことから、第4回委員会の配付資料を掲載しています。
ページのトップへ 前のページへ戻る