羽越河川国道事務所

浸水想定区域図 荒川水系荒川

浸水想定区域図について

1.説明文
(1)
この浸水想定区域図は、荒川水系荒川の河口から上流18.5k地点までの洪水予報区間で洪水はん濫した場合におい

て、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、当該区間が浸水した場合に想定される水深を示したものです。
(2)
この浸水想定区域は、現在の荒川の河道整備状況、洪水調節で完成している大石ダム・横川ダムを勘案して、洪水

防御に関する計画の基本となる既往最大洪水の羽越水害と同様の大雨が降ったことにより荒川がはん濫した場合に想

定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。
(3)
このシミュレーションの実施に当たっては、烏川、女川等の支川や隣接する胎内川や石川のはん濫、想定を越える降雨

、高潮、内水によるはん濫(雨水が河川に排水できなくなり生じる浸水被害)等を考慮していませんので、この浸水想定

区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があり

ます。


2.基本事項等
(1)
作成主体

国土交通省北陸地方整備局羽越河川国道事務所
(2)
指定年月日

平成22年3月16日
(3)
告示番号

国土交通省北陸地方整備局告示第23号
(4)
指定の根拠法令

水防法(昭和24年法律第193号)第10条の4第1項
(5)
対象となる洪水予報河川

荒川水系荒川(実施区間:左岸新潟県岩船郡関川村大字下川口557番の1地先から海まで、右岸同村大字湯沢字湯沢

山国有林402林班地先から海まで、平成9年3月21日付け運輸省、建設省告示第3号)
(6)
指定の前提となる降雨

荒川流域の日平均雨量431mm
(7)
関係市町村

村上市、胎内市、関川村
(8)
その他計算条件等

1.
はん濫計算は、対象区域を50mメッシュ(計算メッシュという)に分割して、これを1単位として計算しています。
2.
計算メッシュの地盤高は、航空レーザー測量データ等から求めた平均地盤高を使用しています。このため、微地形に

よる影響が表せていない場合があります。
3.
連続して大規模に盛土された道路や中小河川の堤防等については、はん濫水の広がりを左右することから計算メッ

シュにおいて平均地盤高とは別に扱い、その影響を考慮したシミュレーションを行っています。


浸水想定区域図 浸水想定区域図について 策定の目的 浸水想定区域とは 水防法