メニューをスキップして、このページの本文へ
このウェブサイトでは富山河川国道事務所管内の河川・道路の状況、防災情報及び事業の紹介をしています
http://www.hrr.mlit.go.jp/toyama/
文字サイズの変更
文字拡大(小)文字拡大(中)文字拡大(大)
背景色の変更
文字色(白)文字色(黒)文字色(青)

かわの情報

防災情報

富山河川国道事務所の重要水防箇所

巡視点検項目
パレットとやまの重要水防箇所 重要度3ランク種別 巡視点検項目  

●重要水防箇所巡視点検項目
台風などの出水時には、出水時点検員がこれらの「重要水防箇所 」の巡視・点検を重点的に実施しています。
堤防からの越水。
  堤防天端の亀裂、沈下。
  水衝部の表裏のり面の亀裂または崩壊。
  水門、樋門周辺の漏水及び扉ゲートの閉まり具合。
  裏のり面の漏水。亀裂及び崩壊または堤内地盤からの漏水・法崩れ・すべり。
  橋梁とその他の構造物と堤防との取り付け部の異常、または流木などの堆積状況。等

越  水
増水した川の水が堤防の高さを超えて外部に溢れ出す状態が、越水です。このことによって溢れた水が住宅地や田畑に流れ込んだり、堤防の裏面が削られ破堤の原因にもなります。
漏   水
堤防や堤防下の土質の弱いところが増水のため、水圧によって堤防の裏側に吹き出してくる状態が漏水です。そのまま放っておくと、堤防の中に水道が広がり、決壊してしまいます。
特に構造物と堤防との取り付け部は要注意。
洗  掘
激しい川の流れやその流れが運ぶ岩などによって、堤防の表側の土が削り取られる状態が洗掘です。最後には堤防の崩壊につながります。
印刷前のページに戻るトップへ