信濃川大河津資料館
バッ クナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
見学ガイドを
ご希望の方へ
資料館パンフレット
大河津分水について
すぐわか る
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
信濃川と大河津分水
企画展・講座・イベント情報リンク集
Since 18/03/2002
信濃川大河津資料館
■TOP・新着情報
新着情報
2016/11/22    「しなのがわクイズ」のスタンプを集めて表彰状をもらおう!
2016/11/18    洗堰の魚道観察室は12月1日から閉鎖となります。
2016/11/18    大河津分水路のサクラの移植式が行われました。
2016/11/18    「横田切れ」120年イベント情報を更新しました。
2016/11/9    11月展示が始まりました(展示スケジュールはこちら)
2016/11/9    平成28年の梅雨前線や台風による大雨の被害状況等を紹介しています。
2016/11/9    11月23日で可動堰は通水5周年を迎えます!
2016/10/26   10月25日に大河津分水でハクチョウの飛来が確認されました!
2016/10/18   今年もサケの遡上が始まりました!
2016/10/5    「五千石遺跡」の展示を開催しています!
これまでの新着情報はこちら
お知らせ
洗堰の魚道観察室は12月1日から閉鎖となります。
水温が低くなり魚がほとんど見られなくなること、積雪により通行が困難になることなどから、洗堰の魚道観察室は冬期間(12月から3月頃まで)閉鎖となります。
 雪がとけて、水温が上がり始める頃(おおむね4月1日)に開放する予定です。

 冬期間であっても洗堰の上から魚道をご覧いただくことができます。
大河津分水路のサクラの移植式が行われました。
 移植式当日は、旧国上小学校の統合先となる分水北小学校4年生の他、燕市、旧国上小学校学区内の関係自治会長、NPO法人分水さくらを守る会の皆様ら約50名が参加され、盛大に行われました。「サクラ移植式」の内容(記者発表資料)はこちら


平成28年の梅雨前線や台風による大雨の被害状況等を紹介しています。
 6月に梅雨前線が停滞した影響で猛烈な大雨となった九州地方や8月に相次いだ台風の影響により記録的な大雨となった東日本や北日本。河川の増水や氾濫、浸水被害などが各地で相次ぎました。
 主な災害について、気象状況や被害状況などを11月30日まで紹介しています。

 全国各地からTEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)が集結。信濃川河川事務所からも派遣しました。
11月23日で可動堰は通水5周年を迎えます!
 昭和6(1931)年に建設された可動堰(現在の旧可動堰)の老朽化などに伴い、新しい堰の建設を含めた「可動堰改築事業」に平成15(2003)年に着手。河道掘削や堰本体の建設を経て、平成23(2011)年11月23日に現在の可動堰に通水しました。
 平成23(2011)年11月23日、大河津分水路の流れを現在の可動堰へと切り替える「通水式」が行われました。

 4F展望室では、可動堰改築事業の空撮写真を11月30日まで紹介しています。実際の景色と比べながらご覧になってください。
10月25日に大河津分水でハクチョウの飛来が確認されました!
 10月25日に大河津分水でハクチョウの飛来が確認されました。ハクチョウをはじめとする冬の渡り鳥は例年3月頃まで見られます。
 写真下側の白い鳥がハクチョウです。夕方5時頃に訪れ、早朝には採餌のために付近の田んぼに飛んでいきます。

 資料館4F展望室では、室内から野鳥を観察できます。また、野外の望遠鏡からは野鳥のしぐさや羽色も観察できます。
今年もサケの遡上が始まりました!
 今年も洗堰の魚道をサケが遡上しています。例年、10月に最盛期を迎え、遡上する魚影は管理橋から魚道を眺めても確認することができます。
 洗堰管理橋から見た魚道。サケの姿が見られるほか、タイミングが良いと魚道観察室で窓越しにサケの遡上を確認できます!

 魚道観察室で窓越しに観察されたサケ。サケはあっという間に通り過ぎるため、目をそらさずに観察してください!
■「五千石遺跡」の展示を開催しています!
  横田切れから120年、大河津可動堰改築事業の可動堰通水から5年、同事業に伴い行われた五千石遺跡発掘調査完了から5年の節目を迎えるにあたり、信濃川の災いと恵みが刻まれた五千石遺跡の出土品や信濃川との関係性を示す資料等を紹介しています。

 期間は10月1日(土)から11月27日(日)です。詳細はこちらのチラシと併せてご覧ください。  三種の神器(鏡・剣・玉)を模した石製品も紹介しています。

 全国的にも珍しく県内では初例となる「横ずれ遺構」の断面。地震によるものと考えられています。
大河津分水をもっと知りたい!でも時間がない…。そんな皆 さんに朗報です!
 信濃川大河津資料館では大河津分水や信濃川に関する出前授業を実施しています。もちろん土日でも夜間でもOK。「○月○日に○○市の公民館で信濃川の水害について話して下さい。」などのご要望に お応えします。お気軽にご相談下さい!詳細はこちら

信濃川大河津資料館 〒 959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)


TEL(0256)97-2195  FAX(0256)97-2196
e-mail 
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2015 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.