信濃川大河津資料館
バッ クナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
見学ガイドを
ご希望の方へ
資料館パンフレット
大河津分水について
すぐわか る
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
信濃川と大河津分水
企画展・講座・イベント情報リンク集
Since 18/03/2002
信濃川大河津資料館
■TOP・新着情報
新着情報
 
2016/6/20    団体でのご利用も受付けています!
2016/6/20    体験水路で川遊び!
2016/6/20    信濃川・大河津分水写真コンテストの募集が始まりました!
2016/6/7     点検作業に伴い、6月30日は魚道観察室を閉鎖します。
2016/6/7     6月展示が始まりました!(展示スケジュールはこちら
2016/6/7     6月20日は信濃川補修工事が竣工した日です。
2016/6/2     信濃川水系の洪水浸水想定区域が見直されました。
2016/6/2     横田切れのパネル資料を追加展示しています。
2016/4/18     横田切れ120年特設ページを開設しました(左上のバナーをクリック)!
2016/4/6      信濃川大河津資料館に「しなのがわクイズ」が登場!
2016/1/12    今年は横田切れから120年!
これまでの新着情報はこちら
お知らせ
■団体でのご利用も受付けています!
 信濃川大河津資料館では、ご希望の方に無料で館内や屋外施設をご案内しています。館内見学と屋外施設を組み合わせた見学コースや、いくつかのグループに分かれ各グループにガイドが付きご案内するなど、ご要望にあわせたご案内をいたします(各見学コースの詳細はこちら)。
 2F展示室

 4F展望室  可動堰管理橋
 見学時間が他の皆様と重なる場合があります。団体での見学をご希望の方はあらかじめお申込みいただくとスムーズです(お申込方法はこちら)。

  
■体験水路で川遊び!
 信濃川大河津資料館の近くにある体験水路(場所はこちら)は、大河津分水から水を引き、水量が調整できる人工の川です。安全に生きもの観察や川遊びができ、手足を洗える水道や日よけとなる東屋も整備されています(体験水路の場所はこちら)。
 体験水路の利用風景

 体験水路で捕れたモクズガニ
―体験水路を利用する際の注意― 
○小学校や子ども会など団体利用をご希望の場合や水量を減らすことをご希望の場合は
  事前に信濃川大河津資料館までご連絡ください(連絡先はこちら)。
○安全で楽しい川遊びにするために下記のサイトをご確認願います。
  じゃぶじゃぶ川ねっと!これだけは気をつけよう!(国土交通省HP)
  河川水難事故防止!「川で遊ぶ前に」(国土交通省HP)
 
■団体でのご利用も受け付けています!
 補修工事は、陥没した自在堰に代わる可動堰(現在の旧可動堰)と川底の洗掘を防ぐ床固・床留を建設した工事で、着工からわずか4年後の昭和6(1931)年6月20日に竣工しました。補修工事の資料を6月末まで特別に展示しています。
 上流から見た竣工間近の可動堰(昭和6年6月12日撮影、現在の旧可動堰)。工事を指揮したのは信濃川補修事務所の主任であった宮本武之輔でした。

 補修工事に関連する多くの資料の中から、宮本武之輔の押印「MIYAMOTO」が確認できる図面を展示してます。 
横田切れのパネル資料を追加展示しています。
 「横田切れ」120年に合わせて新しいパネル資料を追加展示しています。今後、さらに資料を追加する予定です。
 横田切れによる浸水範囲を現代の地形図に重ねあわせたもので、長岡市から新潟市にかけての広い範囲が浸水した様子が確認できます。
 
大正時代に発生した地すべり資料を展示
 雪解けに伴い発生することが多い土砂災害の一つが地すべりです。大正時代の大河津分水工事の際も大規模な地すべりが3回発生。せっかく掘削した分水路が土砂で埋まるなど、大河津分水工事に影響を与えました。
 約100年前の地すべり調査報告図面。1枚の平面図に3回の地すべりが記録されています。 

 地すべりによって塞がれた大河津分水路。大型機械のエキスカベーターも押し流されました。   エキスカベーターのチェーンの一部(約45cm)。このパーツが連なりベルトコンベヤの役割をし、掘削しました。 
今年は横田切れから120年!
 越後平野全域が1ヶ月にわたり浸水した大水害「横田切れ」。大河津分水建設のきっかけともなった横田切れから今年で120年となります。
 1896(明治29)年7月22日に横田(現在の燕市横田)の堤防が決壊しました。当時の惨状を絵と写真などで紹介しています。

 平成27年5月より発行している分水路だより。平成28年1月号から「横田切れ」をシリーズとして掲載しています。

大河津分水をもっと知りたい!でも時間がない…。そんな皆 さんに朗報です!
 信濃川大河津資料館では大河津分水や信濃川に関する出前授業を実施しています。もちろん土日でも夜間でもOK。「○月○日に○○市の公民館で信濃川の水害について話して下さい。」などのご要望に お応えします。お気軽にご相談下さい!詳細はこちら

信濃川大河津資料館 〒 959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)


TEL(0256)97-2195  FAX(0256)97-2196
e-mail 
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2015 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.