信濃川大河津資料館
バッ クナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
見学ガイドを
ご希望の方へ
資料館パンフレット
大河津分水について
すぐわか る
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
信濃川と大河津分水
企画展・講座・イベント情報リンク集
Since 18/03/2002
信濃川大河津資料館
■TOP・新着情報
新着情報
2016/1/5     1月5日は「宮本武之輔」の誕生日です!
2016/1/5     1月展示が始まりました(展示スケジュールはこちら)
2016/12/19    年末年始の開館日のお知らせ
2016/12/19    信濃川大河津分水写真コンテスト受賞作品の展示が始まりました!
2016/11/22    「しなのがわクイズ」のスタンプを集めて表彰状をもらおう!
2016/11/18    洗堰の魚道観察室は12月1日から閉鎖となります。
2016/10/26   10月25日に大河津分水でハクチョウの飛来が確認されました!
これまでの新着情報はこちら
お知らせ
1月5日は「宮本武之輔」の誕生日です!
明治3(1928)年1月9日に起工祈願祭が行われた補修工事。その現場責任者だった宮本武之輔は、明治25(1892)年1月5日、愛媛県松山市に生まれました。1月展示では補修工事にかけた宮本武之輔の思いや決意を日記や写真などで紹介しています。
 1F休憩室では、当時(昭和初期)撮影された写真を交えて宮本武之輔の心情を紹介しています。

 4F展望室では、可動堰などの変遷を紹介しています。実際の景色と見比べながらご覧ください。
年末年始の開館日のお知らせ
年末は12月28日(水)まで開館し、新年は1月4日(水)から開館します。開館時間は通常通り9:00から16:00です。みなさまのご来館をお待ちしています。

 12月19日時点では雪は少なく、お車でお越しいただきやすい状況です。


                          休館日
 平成28年12月下旬から平成29年1月の開館カレンダー。積雪状況等は直接お問い合わせください。
信濃川大河津分水写真コンテスト受賞作品の展示が始まりました!
12月13日より「信濃川・大河津分水写真コンテスト」の受賞作品22点を展示しています。応募総数223点の中から選ばれた素晴らしい写真をぜひご覧になってください。
審査会 総評 

■山口典人(審査委員長/新潟県写真家協会会長)
川をテーマに募集した写真を審査させていただいたのですが、季節によって、行事によって、流域によって色んな表情がある非常に魅力的な被写体だと改めて思いました。力強い作品が多数ありまして審査の難しい部分もあったのですが、グランプリをはじめ各賞に良い作品が選ばれたと思います。

■松本明彦(審査委員/長岡造形大学資格デザイン学科教授)
普段あってあたりまえと思っている信濃川ですが、皆さんが応募された作品を見て改めて川の恵みというのを強く感じました。今年は人との関わり合いの写真が少なかったことが残念でした。来年も楽しみにしております。
 1F休憩室で平成29年12月上旬まで展示しています。昨年創設されたジュニア部門も紹介しています。

洗堰の魚道観察室は12月1日から閉鎖となります。
水温が低くなり魚がほとんど見られなくなること、積雪により通行が困難になることなどから、洗堰の魚道観察室は冬期間(12月から3月頃まで)閉鎖となります。
 雪がとけて、水温が上がり始める頃(おおむね4月1日)に開放する予定です。

 冬期間であっても洗堰の上から魚道をご覧いただくことができます。
10月25日に大河津分水でハクチョウの飛来が確認されました!
 10月25日に大河津分水でハクチョウの飛来が確認されました。ハクチョウをはじめとする冬の渡り鳥は例年3月頃まで見られます。
 写真下側の白い鳥がハクチョウです。夕方5時頃に訪れ、早朝には採餌のために付近の田んぼに飛んでいきます。

 資料館4F展望室では、室内から野鳥を観察できます。また、野外の望遠鏡からは野鳥のしぐさや羽色も観察できます。
大河津分水をもっと知りたい!でも時間がない…。そんな皆 さんに朗報です!
 信濃川大河津資料館では大河津分水や信濃川に関する出前授業を実施しています。もちろん土日でも夜間でもOK。「○月○日に○○市の公民館で信濃川の水害について話して下さい。」などのご要望に お応えします。お気軽にご相談下さい!詳細はこちら

信濃川大河津資料館 〒 959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)


TEL(0256)97-2195  FAX(0256)97-2196
e-mail 
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2015 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.