信濃川大河津資料館
バッ クナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
見学ガイドを
ご希望の方へ
資料館パンフレット
大河津分水について
すぐわか る
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
信濃川と大河津分水
企画展・講座・イベント情報リンク集
Since 18/03/2002
信濃川大河津資料館
■TOP・新着情報
                                                         
新着情報
2018/11/ 1  11月の展示(展示スケジュールはこちら)
2018/11/ 1  10月14日・20日・21日開催のイベントレポートを掲載しました!
2018/10/23  山本糾写真展Divided Watar展示解説&フィールドガイドを開催します
2018/10/23  モノクロ写真で巡る大河津分水が開催されます
2018/10/23  サケの遡上が始まりました
2018/10/23  10月28日で信濃川大河津資料館は開館40周年
2018/10/10  イベントカレンダー秋冬版ができました!
2018/10/10  山本糾写真展Divided Watarを開催
2018/ 9/14  秋の特別展パナマ運河と大河津分水路を開催
これまでの新着情報はこちら
お知らせ
サケの遡上が始まりました
大河津分水路と信濃川本川どちらからもサケが産卵のために海からのぼってきています。
洗堰管理橋から見た魚道。サケの姿が見られるほか、タイミングが良いと魚道観察室で窓越しにサケの遡上を確認できます! 魚道観察室で窓越しに観察されたサケ。サケはあっという間に通り過ぎるため、目をそらさずに観察してください!
10月28日で信濃川大河津資料館は開館40周年
昭和53(1978)年10月28日に信濃川大河津資料館がオープンしました。以来、信濃川と大河津分水に関係する資料を収集、保存、公開し続けています。
完成当初の資料館。平成14年にはリニューアルしました。40年間で約90万人の方々からご来館いただいております。 信濃川大河津資料館では講座なども開設しております。くわしくはこちらをご覧ください。
大河津分水をもっと知りたい!でも時間がない…。そんな皆 さんに朗報です!
 信濃川大河津資料館では大河津分水や信濃川に関する出前授業を実施しています。もちろん土日でも夜間でもOK。「○月○日に○○市の公民館で信濃川の水害について話して下さい。」などのご要望に お応えします。お気軽にご相談下さい!詳細はこちら

信濃川大河津資料館 〒 959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)


TEL(0256)97-2195  FAX(0256)97-2196
e-mail 
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2015 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.