信濃川大河津資料館
バッ クナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
見学ガイドを
ご希望の方へ
資料館パンフレット
大河津分水について
すぐわか る
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
信濃川と大河津分水
企画展・講座・イベント情報リンク集
Since 18/03/2002
信濃川大河津資料館
■TOP・新着情報
新着情報
2017/10/12   10月14日・11月3日に特別展資料説明会&現地見学会を開催します!
2017/10/10   秋の特別展『100年前の大河津分水工事』開催中!
2017/10/10   イベントカレンダー秋冬版をつくりました!
2017/10/10   10月の展示が始まりました(展示スケジュールはこちら
2017/10/10   サケの遡上が始まりました!
2017/10/10   信濃川・大河津分水写真コンテスト10月13日まで受付中!
2017/10/10   10月28日は信濃川大河津資料館がオープンした日です
2017/10/10   大河津分水路の桜の移植等に関する募金のお知らせ
2017/9/26   特別展資料説明会と現地見学会を開催します!
2017/9/26   大河津分水まちあるきが開催されます!
2017/9/26   サケまつりが開催されます!
2017/9/26   8月26日、9月2日に行われたイベントレポートを掲載しました
2017/9/15   レンタサイクルをご利用いただけます!
これまでの新着情報はこちら
お知らせ
10月14日(土)と11月3日(祝)に特別展資料説明会&現地見学会を開催します!
【日時】第1回10/14(土)16:00〜19:00
         第2回11/ 3(金)13:00〜16:00
【料金】無料
【定員】先着20名
【集合】信濃川大河津資料館
【内容】100年前の大河津分水の計画図面を特別に公開します。また夜の堰のライトアップを行います(10/14(土)のみ)。
【講師】樋口勲(NPO法人信濃川大河津資料館友の会)
【申込】信濃川河川事務所(詳細はこちらをご覧ください)
サケの遡上が始まりました!
 
洗堰管理橋から見た魚道。サケの姿が見られるほか、タイミングが良いと魚道観察室で窓越しにサケの遡上を確認できます! 魚道観察室で窓越しに観察されたサケ。サケはあっという間に通り過ぎるため、目をそらさずに観察してください!
10月28日は信濃川大河津資料館がオープンした日です
昭和53(1978)年10月28日に信濃川大河津資料館がオープンしました。以来、信濃川と大河津分水に関係する資料を収集、保存、公開し続け、来年オープン40年を迎えます。
 
2階展示スペースでは、月替わりで収蔵資料の一部を公開しています。  秋の特別展では100年前の大河津分水工事に関する実物資料を特別に公開しています。詳しくはこちらをご覧ください。
大河津分水路の桜の移植等に関する募金のお知らせ
大河津分水路の堤防工事に伴う桜の移植について、大河津分水の桜を守り育てる活動を行っているNPO法人分水さくらを守る会が募金箱を設置しました。
 
伐採された桜を再利用してつくられた募金箱は、信濃川大河津資料館1Fに設置されています。 大河津分水の桜の歴史は古く、明治43(1910)年頃には大河津分水の工事着工を記念し、植樹され始めたと言われています。
レンタサイクルをご利用いただけます!
信濃川大河津資料館にて自転車の無料貸し出しを行っています(詳細はコチラ)。周辺施設巡りに、ぜひご利用ください。
 
NPO法人信濃川大河津資料館友の会が実施しているもので、案内看板が設置されました! 子ども用の自転車もあります。お申込みは信濃川大河津資料館1Fの受付まで。
大河津分水をもっと知りたい!でも時間がない…。そんな皆 さんに朗報です!
 信濃川大河津資料館では大河津分水や信濃川に関する出前授業を実施しています。もちろん土日でも夜間でもOK。「○月○日に○○市の公民館で信濃川の水害について話して下さい。」などのご要望に お応えします。お気軽にご相談下さい!詳細はこちら

信濃川大河津資料館 〒 959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)


TEL(0256)97-2195  FAX(0256)97-2196
e-mail 
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2015 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.