信濃川大河津資料館
バッ クナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
見学ガイドを
ご希望の方へ
資料館パンフレット
大河津分水について
すぐわか る
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
信濃川と大河津分水
企画展・講座・イベント情報リンク集
Since 18/03/2002
信濃川大河津資料館
■TOP・新着情報
新着情報
2016/9/12    10月1日から11月27日まで「五千石遺跡」特別展を開催します!
2016/9/12    「横田切れ」120年イベント実施報告を更新しました!
2016/9/6     9月23日は「青山士」の誕生日です!
2016/9/6     9月展示が始まりました(展示スケジュールはこちら)
2016/9/6     台風に備える!
2016/9/6     9月1日に「横田切れ」120年特別展がラジオで紹介されました!
2016/9/6     8月28日に「横田切れ」120年シンポジウムが開催されました!
2016/9/6     8月28日に分水小学校4年生が興居島小学校の皆さんをガイド!
2016/7/13    「横田切れ」120年特別展を開催しています!
これまでの新着情報はこちら
お知らせ
■9月23日は「青山士」の誕生日です
  パナマ運河の閘門を設計し、荒川放水路工事を指揮し、旧可動堰を建設した「補修工事」の総責任者であった青山士(あきら)。その誕生を記念して青山士ゆかりの資料を展示しています。
 「ぱなま運河の話」は、青山士がパナマ運河の建設に携わった際の体験談を書き記した本です。パナマ運河は一昨年開通100周年を迎えました。

 昭和6(1931)年の補修工事竣工における青山士の式辞。「天祐と人の努力とにより、其除害と利用との工今や成る」と記されています。
■台風に備える!
 信濃川の過去の洪水記録TOP10のうち7つが台風の影響によるものです。信濃川流域に大雨を降らせる台風の代表的なコース、これまでの被害状況などをパネルで紹介しています。
 信濃川のこれまで最大の洪水は昭和56(1981)年
に記録されており、台風が原因の洪水でした。
 信濃川の水位や雨雲の状況をリアルタイムで
確認する方法なども展示しています。


■8月28日に分水小学校4年生が興居島小学校の皆さんをガイド
  宮本武之輔の生誕地である愛媛県松山市立興居島小学校6年生の皆さんが大河津分水を訪れ、燕市立分水小学校4年生の皆さんが信濃川大河津資料館をガイドしてくれました。

故郷の偉人「宮本武之輔」を学ぶために愛媛県からやってきた興居島小の皆さん(右)と、出迎える分水小の皆さん(左)。  分水小の皆さんは、横田切れや大河津分水工事、そして宮本武之輔についてもわかりやすくガイドしてくれました。

宮本武之輔が設計した旧可動堰を背景に記念撮影。皆さんから書いていただいたメッセージを館内にて紹介しています。
■「横田切れ」120年特別展を開催しています
  1896(明治29)年7月22日に越後平野のほぼ全域が浸水する大水害「横田切れ」が発生しました。大河津分水建設の契機となった横田切れに関する資料を特別に展示しています。

会期:7月5日(火)〜9月25日(日)

会場:信濃川大河津資料館2F多目的ホール企画展示コーナー

特別展に関する情報は「横田切れ特別展チラシ」と併せてご覧ください。
   横田切れ被災地の今昔を比較したパネル資料や体験談等が記された実物資料を展示しています。

 新潟地方気象台所蔵の120年前の資料。天候や気圧配置が手書きで記されています

大河津分水をもっと知りたい!でも時間がない…。そんな皆 さんに朗報です!
 信濃川大河津資料館では大河津分水や信濃川に関する出前授業を実施しています。もちろん土日でも夜間でもOK。「○月○日に○○市の公民館で信濃川の水害について話して下さい。」などのご要望に お応えします。お気軽にご相談下さい!詳細はこちら

信濃川大河津資料館 〒 959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)


TEL(0256)97-2195  FAX(0256)97-2196
e-mail 
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2015 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.