信濃川大河津資料館
バッ クナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
見学ガイドを
ご希望の方へ
資料館パンフレット
大河津分水について
すぐわか る
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
信濃川と大河津分水
企画展・講座・イベント情報リンク集
Since 18/03/2002
信濃川大河津資料館
■TOP・新着情報
                                                         
新着情報
2019/11/28  燕三条まちあるきが開催されました
2019/11/12  11月の展示(展示スケジュールはこちら
2019/11/12  大河津分水にハクチョウが飛来しています!
2019/11/12  洗堰の魚道観察室は12月1日から閉鎖となります
2019/11/12  10月13日の信濃川出水の概要
2019/10/29  10月13日の出水で大河津分水は過去最大の水位を記録しました
2019/10/29  サケが遡上しています!
2019/10/ 7  大河津分水フォトコンテスト「りばフォト」応募作品展示中!
これまでの新着情報はこちら
お知らせ
【2019/11/12】大河津分水にハクチョウが飛来しています!
信濃川大河津資料館付近でハクチョウの飛来が確認されました。ハクチョウをはじめとする冬の渡り鳥は例年3月頃まで見られます。
夕方5時頃に訪れ、早朝には採餌の為に付近の田んぼに飛んでいきます。(11月1日撮影) 資料館4F展望室では、室内から野鳥を観察できます。また、野外の望遠鏡からは野鳥のしぐさや羽色も観察できます。
【2019/11/12】洗堰の魚道観察室は12月1日から閉鎖となります
水温が低くなり魚がほとんど見られなくなること、積雪により通行が困難になることなどから、洗堰の魚道観察室は冬期間(12月から3月頃まで)閉鎖となります。
 雪がとけて、水温が上がり始める頃(おおむね4月1日)に開放する予定です。  冬期間であっても洗堰の上から魚道をご覧いただくことができます。
【2019/10/29】サケが遡上しています!
大河津分水路と信濃川本川どちらからもサケが産卵のために海からのぼってきています。
洗堰管理橋から見た魚道。サケの姿が見られるほか、タイミングが良いと魚道観察室で窓越しにサケの遡上を確認できます! 魚道観察室で窓越しに観察されたサケ。サケはあっという間に通り過ぎるため、目をそらさずに観察してください!
大河津分水をもっと知りたい!でも時間がない…。そんな皆 さんに朗報です!
 信濃川大河津資料館では大河津分水や信濃川に関する出前授業を実施しています。もちろん土日でも夜間でもOK。「○月○日に○○市の公民館で信濃川の水害について話して下さい。」などのご要望に お応えします。お気軽にご相談下さい!詳細はこちら

信濃川大河津資料館 〒 959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)


TEL(0256)97-2195  FAX(0256)97-2196
e-mail 
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2015 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.