信濃川大河津資料館
バッ クナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
見学ガイドを
ご希望の方へ
資料館パンフレット
大河津分水について
すぐわか る
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
信濃川と大河津分水
企画展・講座・イベント情報リンク集
Since 18/03/2002
信濃川大河津資料館
■TOP・新着情報
新着情報
 
2016/5/13     5月展示が始まりました!(展示スケジュールはこちら
2016/5/13     大正時代に発生した地すべり資料を展示
2016/5/13     水防フェアを開催しています!
2016/5/13     アユの遡上が始まりました!
2016/4/18     横田切れ120年特設ページを開設しました(左上のバナーをクリック)!
2016/4/6      信濃川大河津資料館に「しなのがわクイズ」が登場!
2016/1/12    今年は横田切れから120年!
これまでの新着情報はこちら
お知らせ
大正時代に発生した地すべり資料を展示
 雪解けに伴い発生することが多い土砂災害の一つが地すべりです。大正時代の大河津分水工事の際も大規模な地すべりが3回発生。せっかく掘削した分水路が土砂で埋まるなど、大河津分水工事に影響を与えました。
 約100年前の地すべり調査報告図面。1枚の平面図に3回の地すべりが記録されています。 

 地すべりによって塞がれた大河津分水路。大型機械のエキスカベーターも押し流されました。   エキスカベーターのチェーンの一部(約45cm)。このパーツが連なりベルトコンベヤの役割をし、掘削しました。 
今年もアユの遡上が始まりました!
 4月27日に洗堰魚道でアユの遡上が確認されました!例年、6月中旬頃まで洗堰を遡上していきます。昨年は5月18日に確認されました。
 魚道観察室(場所はこちら)で確認されたアユの遡上。魚道観察室は土日も含めた9:00〜16:00にご利用いただけます。 
 
 
今年は横田切れから120年!
 越後平野全域が1ヶ月にわたり浸水した大水害「横田切れ」。大河津分水建設のきっかけともなった横田切れから今年で120年となります。
 1896(明治29)年7月22日に横田(現在の燕市横田)の堤防が決壊しました。当時の惨状を絵と写真などで紹介しています。

 平成27年5月より発行している分水路だより。平成28年1月号から「横田切れ」をシリーズとして掲載しています。

大河津分水をもっと知りたい!でも時間がない…。そんな皆 さんに朗報です!
 信濃川大河津資料館では大河津分水や信濃川に関する出前授業を実施しています。もちろん土日でも夜間でもOK。「○月○日に○○市の公民館で信濃川の水害について話して下さい。」などのご要望に お応えします。お気軽にご相談下さい!詳細はこちら

信濃川大河津資料館 〒 959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)


TEL(0256)97-2195  FAX(0256)97-2196
e-mail 
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2015 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.