伝統的な河川工法である粗朶沈床(そだちんしょう)
表示回数   回
信濃川下流域では、やすらぎ堤などの護岸前面に根固めとして、伝統的な河川工法である粗朶沈床(そだちんしょう)を施工しています。粗朶沈床とは、木の小枝(粗朶)をたばねて枠を組み、その中に石を入れて沈ませ、護岸の根固めとする工法です。
【資料の出典】
 平成25年度 信濃川下流河川事務所 事業概要】、平成25年3月、-
【資料の保管先】
 機関:国土交通省 信濃川下流河川事務所 調査設計課
 連絡先:025-266-7319