関屋分水は大河津分水とともに治水効果を発揮
表示回数   回
関屋分水は大河津分水同様、水害常襲地の人々にとっての悲願であり、事業の立案は元文5(1740)年からとも言われています。関屋分水路は通水わずか6年後に起きた昭和53(1978)年6月の大出水をはじめ、平成16(2004)年の7.13水害、平成23(2011)年7月新潟・福島豪雨でも大河津分水とともに治水効果を発揮し、中心市街地を水害の危機から救いました。
           ※上記の画像をクリックすると、教材が表示されます
【資料の出典】
 信濃川下流 治水歴史めぐり、平成25年 9月、P.10
【資料の保管先】
 機関:国土交通省 信濃川下流河川事務所 調査設計課
 連絡先:025-266-7319