阿賀野川河川事務所 Twitterを別ウィンドウで開きます

サイト内検索 検索

浸水想定区域図

最終更新日:2016.05.30

想定最大規模の降雨による洪水浸水想定区域の見直しについて(平成28年5月)

  • 今回の洪水浸水想定区域の見直しは、平成27年に水防法が改正されたことを受け、従来公表してきた洪水浸水想定区域について、想定最大規模の降雨によるものへ拡充するものです。
  • こうした河川管理施設の計画規模を上回るような洪水に対しては、従来行ってきたハード対策と併せ、避難等のソフト対策の実施が更に重要となります。少なくとも命を守り、社会経済に対して壊滅的な被害が発生させない「減災」の観点で社会全体として取り組んでいくことが重要です。
  • なお、阿賀野川河川事務所では、昨年の関東・東北豪雨の状況等も踏まえ、「阿賀野川大規模氾濫に関する減災対策協議会」を設置し、流域の関係機関と減災のための目標を共有した上で、対策に取り組んでいきます。詳しくは下記URLよりご確認下さい。
    http://www.hrr.mlit.go.jp/agano/gensaitaisaku/kyougikai.html

新たなステージに対応した防災・減災のあり方の説明グラフの画像

新たなステージに対応した防災/減災のあり方

  • 発生確率0~1分の100と高い確率は「比較的発生頻度の高い降雨等による洪水(従来進めてきたハード対策の対象)」の範囲とする。この範囲の河川設備では、水系全体として段階的かつ着実に治水安全度の向上を図ることとしている。
  • 「比較的発生頻度の高い降雨等による洪水(従来進めてきたハード対策の対象)」の範囲の防災・減災の考え方は1つある。
    • 「比較的発生頻度の高い降雨等」に対しては、施設によって防御することを基本とする。
  • 発生確率1分の100より低い確率は「想定最大規模降雨による洪水(発生確率は1分の1000以下)」の範囲とする。
  • 「想定最大規模降雨による洪水(発生確率は1分の1000以下)」の範囲の防災・減災の考え方は2つある。
    • 最大クラスの大雨等に対して施設で守り切るのは、財政的にも、社会環境・自然環境の面からでも現実的ではない。
    • 「比較的発生頻度の高い降雨等」を超える降雨等に対しては、ある程度の被害が発生しても、「少なくとも命を守り、社会経済に対して壊滅的な被害が発生しない」ことを目標とし、危機感を共有して社会全体で対応することが必要。

※「新たなステージに対応した防災/減災のあり方」(国土交通省、平成27年1月)より抜粋

  • 【注意事項】
  • ご覧になりたい範囲を地図上の赤い枠内をクリックして選択して下さい。
  • なお、赤い枠が重なっている範囲については、対象としている河川が異なるため、それぞれをご確認お願いします。
  • ※信濃川と阿賀野川のそれぞれの浸水想定となります。

画像:阿賀野川・早出川区間と信濃川下流区間

阿賀野川・早出川区間 阿賀野川・早出川区間 信濃川下流区間のリンク先へ 阿賀野川・早出川区間のリンク先へ

阿賀野川・早出川区間と信濃川下流区間

  • 阿賀野川・早出川区間からの洪水による影響範囲の詳しい情報ページへのリンク
  • 信濃川(下流)・関屋分水路区間からの洪水による影響範囲の詳しい情報ページへのリンク
 ページトップへ戻る