本文へジャンプ

トップページ > 大規模氾濫に関する減災対策協議会

信濃川中流及び魚野川
大規模氾濫に関する減災対策協議会

大規模氾濫に関する減災対策協議会とは

 平成27年9月に発生した関東・東北豪雨により大規模な浸水被害が発生したことを踏まえ、信濃川中流及び魚野川において氾濫が発生することを前提として地域全体で常に洪水に備える「水防災意識社会」を再構築することを目的として、平成28年5月30日に、国・県・市町村等が連携・協力して、減災のための目標を共有し、ハード対策とソフト対策を一体的、計画的に推進するために、「大規模氾濫に関する減災対策協議会」を設立しました。

大規模氾濫に関する減災対策協議会の開催状況

年度 開催日 開催案内 開催結果
平成28年度 平成28年5月30日 開催案内 第1回協議会
平成28年8月26日 開催案内 第2回協議会
平成29年度 平成29年4月19日 開催案内 第3回協議会

減災対策協議会の主な取り組み状況

年度 年月 主な構成員 取り組み内容
平成29年度 平成29年6月 長岡市 信濃川河川事務所 防災ワークショップ(長岡市東川口地区)【PDF:183KB】


ページの先頭へ戻る