本文へジャンプ

トップページ > 洪水時に危険・重要な水防箇所

洪水時に危険・重要な水防箇所

信濃川河川事務所管内の重要水防箇所(平成29年4月現在)

 国土交通省信濃川河川事務所では、「重要水防箇所」を作成、公表しています。

「重要水防箇所」とは、洪水時に危険が予想され、重点的に巡視点検が必要な箇所を示すもので、その重要度によって、「ランクA」、「ランクB」、「要注意区間」の3ランクに分類されます。そのうち重点的に監視すべき箇所を「重点」箇所としています。

「重要水防箇所」は、河川改修事業や危険構造物の改築など対策を講じることによって、ランクが改善します。

 台風などの出水時には、地元の水防管理団体(区、市、水害防止組合)がこれらの「重要水防箇所」の巡視・点検を重点的に行うなど水防活動にあたります。


資料一覧



ページの先頭へ戻る