main.html

道路の占用

道路占用ってなに?

 道路は本来、一般交通道路として使用される公共施設ですが、道路を根幹として生活圏が形成され、都市が発展してくるとその地上又は地下に、交通の用以外にも電気、ガス、水道等のライフラインが設けられ、それを断続的に使用するようになるのが必然的です。

 「道路占用」とは道路上に電柱を設置する場合など、道路に一定の工作物、物件を設置し、継続して道路を使用することをいいます。
 この道路占用は、地上に施設を設置する場合だけでなく、電気・電話・ガス・上水道などの管路を道路を地下に埋設する場合や、道路の上空に看板を突き出して設置する場合なども含まれます。

 このように、国民の共有の財産である道路を継続して使用し道路を占用する場合には、道路を管理している「道路管理者」の許可が必要となります。
 国が管理している指定区間の国道については、当該国道を管理している事務所若しくは出張所に道路占用許可の申請をすることになります。