役割ROLE

県都新潟市、そして私たち
支え続ける
関屋分水!

 関屋分水路は新潟市域を水害から守るだけではなく、信濃川の水量調節や塩水遡上の防止など、多彩な役割があります。
水量コントロールは”新潟大堰”と”信濃川水門”によって行っています。

新潟市、そして私たちを支え続ける関屋分水!
にいがた おおぜき 新潟大堰

信濃川に流す
水量コントロール

 信濃川から分岐して日本海へ至る関屋分水の開削に合わせて、流量調整および海水の遡上防止を目的として1971年(昭和46年)に竣工しました。
 新潟大堰は日本海に流れ出る水の量を抑えて、必要な水位を確保します。また洪水の氾濫から市街地を守ります。


  • 堰長:241m(川幅部分)
  • ゲート形式・規模:
  •    :主ゲート×5門 シェル構造ローラーゲート
  •      (幅41.2m×高さ6.4m)
  •    :閘門ゲート×2門 ガーダ構造ローラーゲート
  •      (幅10.0m×高さ6.4m)
  •    :魚道ゲート×1門 ガーダ構造ローラーゲート
  •      (幅7.0m×高さ3.65m)
しなのがわ すいもん  信濃川水門 

関屋分水路に流す
水量コントロール

    

 信濃川水門は信濃川と関屋分水の分岐点に建設されています。
 出水時に信濃川水門を制御することで流量調整を行い、関屋分水路から洪水を流下させることで本川の流量を抑え、新潟市中心部の洪水被害防止に貢献しています。


  • 堰長:120m(川幅部分)
  • ゲート形式・規模:
  •    :主ゲート×3門 シェル構造ローラーゲート
  •      (幅30.0m×高さ9.1m)
  •    :閘門ゲート×2門 ガーダ構造ローラーゲート
  •      (幅10.0m×高さ5.2m)
  •    :魚道ゲート×2門 ガーダ構造ローラーゲート
  •      (アユ用 幅5.0m×高さ3.8m 1門)
  •      (サケ・マス用 幅2.0m×高さ4.0m 1問)