みどころCHECK

景色も素晴らしい関屋分水。
見る、学ぶ、触れることができる施設はこちら!

関屋分水資料館 新潟大堰 関分記念公園 関分公園 競馬場踏切 関屋堀割跡 花文字花壇(右岸) やすらぎ堤 信濃川水門 花文字花壇(左岸)

関屋分水資料館
(関屋地域防災センター) 

 大河津分水とともに越後平野の治水を支える二大分水路の「関屋分水」の事業経緯や機能・役割を模型や映像で分かりやすく紹介しています。

入館無料:休館日なし
4/1~10/31 9:00~19:00
11/1~3/31 9:00~16:30

新潟市西区関屋1827-39 
TEL.025-267-6857

HPはこちら

▲△▲マップに戻る▲△▲

注意)現在は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため入館制限をさせていただいております。見学をご希望される場合は、事前に問合せ下さい。
当面の間、堰カードの配布は行っておりません。


新潟大堰

 新潟大堰は日本海に流れ出る水の量を抑えて、信濃川に必要な水位を確保するとともに、洪水の氾濫から市街地を守っています。

▲△▲マップに戻る▲△▲


関分記念公園 

 関屋分水の建設に併せて整備された公園。  
 一角には当時新潟県知事であった北村一男、関屋分水構想を提唱し先駆的運動を行った「横山太平」と、これを受けて市民世論喚起と実現運動を展開した「柏原正雄」の功績を記した銅像が建立されています。

▲△▲マップに戻る▲△▲


競馬場跡の碑
(関分公園) 

 関屋分水路を通す事業用地は、そこに住んでおられた市民の土地提供への協力により確保することができました。土地を提供された市民の多くは分水路の隣接地に移り住まれ、もともとあったのが関屋競馬場です。

▲△▲マップに戻る▲△▲


競馬場踏切 

 現在でも、JR関屋駅 吉田方面の踏切に「競馬場踏切」という名の踏切が残っており、かつて競馬場があったことを物語っています。
 昔は競馬町という地名も残っていましたが、町の統合でなくなってしまいました。文京町には競馬場の跡が残る住宅立地が見られます。       

▲△▲マップに戻る▲△▲


関屋堀割跡

 明治44年(1911年)に新潟近郊の坂井輪地区の排水を良くするため、現在の関屋分水路のやや下流側に長さ約1.7kmの堀割がつくられました。
 しかし、海からの砂によって河口が埋まり、すぐに効果がなくなったと言われています。 

▲△▲マップに戻る▲△▲


花文字花壇(右岸)

 有明小学校3年生児童、有明台地域コミニュティー協議会、有明台自治会、ありしょう応援隊、関屋モリ上げ隊など、地域の方たちと協力して、花文字花壇を製作しています。
 マリーゴールドやベゴニアで「有明台へようこそ」と形取っています。

▲△▲マップに戻る▲△▲


やすらぎ堤 

 関屋分水路の整備により洪水被害が減ったことから、良好な水辺環境の創出に配慮した緩やかな斜面の堤防、「やすらぎ堤」の整備に全国で初めて取り組みました。
 新潟市による「遊歩道」や、「やすらぎ堤緑地」などの周辺の整備とも連携し、「水都新潟」のシンボル的な空間として整備を行っています。

▲△▲マップに戻る▲△▲

  

信濃川水門 

 出水時に信濃川水門を制御することで流量調整を行い、関屋分水路から洪水を流下させることで本川の流量を抑え、新潟市中心部の洪水被害防止に貢献しています。
 工業用水や魚、船を通すため、信濃川に必要な水位を確保しています。

▲△▲マップに戻る▲△▲

  

花文字花壇(左岸) 

 毎年5月に青山小学校区コミュニティ協議会が『地域環境愛護の心と連帯感の醸成』を目的として、 関屋水路左岸で一斉清掃と花文字花壇づくり活動を行っています。
 JR越後線の有明跨線橋から、花文字花壇をご覧頂くことができます。

▲△▲マップに戻る▲△▲

大河津分水通水100周年・関屋分水通水50周年記念 未来につながる事業実行委員会

新潟市、長岡市、三条市、加茂市、見附市、燕市、五泉市、弥彦村、田上町

新潟県 土木部 河川管理課、新潟・三条・長岡 各地域振興局地域整備部

国土交通省 北陸地方整備局 信濃川河川事務所・信濃川下流河川事務所

事務局:国土交通省 北陸地方整備局 信濃川下流河川事務所

〒951-8153 新潟市中央区文京町14-13 TEL.025-266-7131


関屋分水資料館(関屋出張所/関屋地域防災センター)

〒951-8134 新潟市西区関屋1827-39 TEL.025-267-6857