トップページ > 流域の概要

大町ダムについて

流域の概要

大町ダムは信濃川水系高瀬川に位置し、昭和44年8月に発生した大洪水を契機に計画が加速し、洪水調節を主目的として建設された多目的ダムです。

高瀬川は、大町ダムから約25km下流で犀川に合流し、千曲川を流れ、新潟県に入ると日本一の大河として知られる信濃川と名前を変え日本海へと注いでいます。ダムから日本海までは約300kmの距離があります。

高瀬川の源は日本アルプスの槍ヶ岳(3,180m)で、流域面積約445km2、流路延長56kmの河川です。勾配が急で上流に降った雨が一気に流れ込み、たびたび洪水の被害を起こしてきました。

ダム上流域の年間降水量は約1,500~4,000mmと梅雨期、台風期に加え、冬季にも多く見られるなど、山岳部特有の気候の特徴を示しています。

ダムの位置

大町ダムは、長野県の北西部、松本平の北に位置する大町市の中心部から、高瀬川をさかのぼること約7.7km、北アルプスを間近に控えた場所に位置しています。大町市街地や大町市東に位置する鷹狩山からは、北アルプスを背景に大町ダムを望むことができ、大町ダムからは大町市街地、鷹狩山を眺望することができます。


鷹狩山から眺めた大町ダム

高瀬渓谷の3つのダム

高瀬川筋には、大町ダムを含め3つのダムが整備されています。大町ダムの上流にある2つのダムは、「七倉ダム」と「高瀬ダム」で、いずれも東京電力リニューアブルパワー株式会社が運営する水力発電用のダムです。いずれも昭和54年(1979年)竣工のロックフィルダムで、高瀬ダムと七倉ダムとの間にある新高瀬川発電所では、高瀬ダムを上部ダム、七倉ダムを下部ダムとした揚水発電を行っています。

高瀬渓谷は、古くから川に注ぐ水の力を活かした発電のエリアとして注目され、大正時代から本格的な開発が行われてきました。現在は、3つのダムと5つの発電所で発電を行っています。

大町周辺にあるダムの種類と特徴(2:17)


ページトップに戻る