トップページ > ダムができるまで

大町ダムについて

ダムができるまで

大町ダムに流れ込む高瀬川は、勾配が急なため、上流で降った雨が一気に流れ込み、たびたび水害を引き起こしてきました。

水害の歴史

高瀬川流域および千曲川流域では、昔から何度も大きな洪水に見舞われてきました。過去に起きた主要な土砂災害を振り返ると、昭和30年代とその前後で頻繁に災害が発生していたことがわかります。

大町ダム建設推進のきっかけは44災

度重なる水害を受け、ダム建設の調査が昭和42年(1967)に始まりました。
その2年後の夏、昭和44年8月に、大町ダムの建設が加速されるきっかけとなる「44災」と呼ばれる災害が発生しました。集中豪雨により大きな洪水が発生し、下流域では堤防が決壊、流域の人々は多大な被害を受けました。災害の直接の原因は大雨ですが、高瀬川流域が崩れやすい地質であること、急流でV字谷であることなどが重なって、いっそう被害を大きくしたといわれています。


災害後の葛温泉(大町市平高瀬入)
轟きを上げて流れる高瀬川
(松川村細野)

高瀬川44災(2:44)

大町ダム事業の沿革

大町ダムは完成まで19年かかりました。造られた流れを解説します。

大町ダムの大きさ
大町ダムの諸元
種類 重力式コンクリートダム
高さ(堤体高) 107m
長さ(堤体長) 338m
体積 765,000㎥
有効貯水容量 2890万㎥
湛水面積 1.1㎢
集水面積 193㎢
ダム上部標高 906m

ページトップに戻る