現場なう

国道49号 阿賀野バイパス(水原バイパス)

計画の意義

事業パンフレット
国道49号 阿賀野バイパス(水原バイパス)パンフレット
3.9MB

 国道49号(福島県いわき市~新潟市)は太平洋側と日本海側を結ぶ主要幹線道路であるとともに、 阿賀野市、阿賀町と新潟市との交流を支える道路として重要な役割を果たしています。

 しかし、 阿賀野市保田から同市中央町1丁目間は19,100台/日もの交通量があり、大型車が17.6%を占めている状況にあります。また、現道は 阿賀野市の市街地(旧安田町、 旧水原町)を通過しているのに加え、幅員が狭いことから、交通混雑や交通事故等が発生しています。また、 自動車交通による交通騒音等の生活環境に与える影響が問題となっています。

 阿賀野バイパスは、これらの問題を解消し安全かつ円滑に交通を処理することによって、 阿賀野市の将来の街づくり及び 「新潟県東部産業団地」、「総合運動公園」などを支援し、当該地域の発展に寄与するものであります。

  • 安野町交差点付近の渋滞状況写真

    安野町交差点付近の渋滞状況

  • 中央町交差点付近の渋滞状況写真

    中央町交差点付近の渋滞状況

事業の概要

路線名 一般国道49号 安田バイパス 一般国道49号 水原バイパス
起終点 起点 阿賀野市六野瀬
終点 阿賀野市寺社
起点 阿賀野市寺社
終点 阿賀野市下黒瀬
延長 L=5.6km L=8.1km
車線数 4車線(完成) 2車線(暫定) 4車線(完成) 2車線(暫定)
標準幅員 W=28.0m(3.5-2.0-7.0-3.0-7.0-2.0-3.5) 高盛土部:W=21.0m(2.0-7.0-3.0-7.0-2.0)
低盛土部:W=28.0m(3.5-2.0-7.0-3.0-7.0-2.0-3.5)
構造規格 第3種第1級及び第2級 第3種第1級
設計速度 V=80km/h(第3種第1級)
V=60km/h(第3種第2級)         
V=80km/h
事業経緯
昭和63年3月29日
都市計画決定
昭和52年度
事業化
昭和54年度
用地着手
昭和56年度
工事着手
昭和60年11月19日
暫定2車線開通(4.3km)
平成11年度
事業復活
平成11年3月9日
都市計画決定
平成13年度
用地着手
平成14年度
工事着手
平成18年度
暫定2車線開通(1.3km)
平成11年3月9日
都市計画決定
平成12年4月
事業化
平成15年度
用地着手
平成17年度
工事着手
標準断面図(単位:m)
標準断面図
標準断面図
平面図
平面図

整備により期待される効果

効果1 走行時問の短縮
バイパスの整備により、 円滑な走行環境が確保され、 走行時間の短縮が期待されます。
効果2 交通事故の減少
バイパスの整備により、現道の通過交通がバイパスに転換し、交通事故の減少が期待されます。
効果3 生活環境の改善
バイパスの整備に伴う通過交通の転換により、 沿道地域の騒音低下が期待されます。
効果4 防災機能の強化
高盛土構造で計画されるバイパスの整備により、 阿賀野川氾濫時の緊急輸送道路とし ての機能向上が期待されます。
効果5 救急救命活動の支援
第三次救急医療施設である新潟市民病院への緊急搬送時間が短縮し、救急救命活動への支援が期待されます。
効果6 阿賀野市の観光・交流・産業支援
事業区間周辺に点在する観光施設や、新潟県東部産業団地へのアクセス性が向上し、観光・交流の活性化及び、阿賀野市における産業の発展が期待されます。

阿賀野バイパスに使用する盛土材について

 阿賀野バイパスに使用する盛土材は、建設資材リサイクルの観点から、河道掘削で発生した土砂を使用しています。

 河道掘削土砂が想定より水分を多く含んだ粘土状の材料であったことから、盛土材の土質改良が追加で必要となりました。

 盛土材の現状や土質改良状況、施工手順等を映像にてとりまとめております。

阿賀野バイパス(盛土材の土質改良)

 映像を閲覧するには画像をクリックしてください。