■ 工事期間中の規制



大源太川第1号砂防堰堤  補強工事のお知らせ

大源太湖周辺の規制

②右岸周遊路の迂回

①左岸周遊路の迂回


工事期間中は河川流量による水位の変動があります。
排水路トンネル掘削にともなう発破作業時は、安全確保のため湖面全域にわたり立ち入りが制限されます。
現地の案内に従い工事へのご協力をお願いいたします。

④大源太湖流木止め施設による水面利用制限

 工事前の右岸側の周遊路は右図の①になっています。工事に伴い右岸側を作業ヤードとする必要があることから、樹木伐採期間中は③に、作業ヤードの造成が完了したら②に周遊路の変更を行います。
 現地の案内に従い迂回をお願いいたします。

希望大橋の左岸側では散策路①を②に迂回する必要があります。
現地の案内に従い迂回をお願いいたします。

 大源太第号砂防堰堤の補強工事中は、下記の規制等が必要になりますのでご理解とご協力をお願いいたします。

 長期間にわたる工事となりますが,安全第一で事故の無いよう工事を進めて参ります。

【補強工事中の規制概要】

①左岸周遊路の迂回

②右岸周遊路の迂回

③希望大橋の通行規制

④水面利用制限

⑤上流水面の後退

③希望大橋の通行規制

⑤大源太湖水位低下による水面の減少

 工事期間中のクレーン作業や仮排水路トンネル内の発破工事のため一時通行止めを行う場合があります。
 現地の案内に従い迂回をお願いいたします。

 洪水で流下した流木が桟橋に引っかかる危険性があるため、湖面に網場を設置して流木を補足します。このため網場より下流はカヤック等の利用が制限されます。

 大源太川を仮排水路トンネルから下流へ流し、湖面の水位を約60cm低下させて工事を行います。このため水面が減少するとともに上流の河原が最大約14m伸びる見込みです。