ゆきみらい2018in富山 平成30年2月8日(木)〜9日(金)

ゆきみらい2018in富山

開催概要

開催にあたって

今回の「ゆきみらい2018in富山」は9年ぶりに富山県で開催します。

全国の積雪地では、除排雪をはじめ、雪を克服するハード・ソフト技術のほか、雪を資源として積極的に活用する様々な試みが展開されています。しかし一方では、人口減少や高齢化の進展が深刻な課題となっています。

今回の開催地である富山県では、「協働で支える元気な雪国」「安全・安心な雪に強いまちづくり」「豊かな雪の文化の継承と創造」の3つの基本目標をもとに、地域ぐるみで行う除排雪や高齢者世帯への支援、五箇山をはじめとする豪雪地において、雪が育む文化の継承や、雪を観光資源に活用し、雪がもたらす独自の文化を大切にした地域活性化やまちづくりが行われています。

雪国の「温か~いまちづくり」について、様々な分野から取組をご紹介するとともに、北陸新幹線開業で注目を浴びる北陸圏から冬の魅力を広く発信する機会にしたいと考えております。

名称

ゆきみらい2018 in 富山

テーマ

『温か~いまちづくりで世界につむぐ』

開催地

富山県富山市

開催期間

平成30年2月8日(木)~9日(金)

主催

「ゆきみらい2018 in 富山」実行委員会

実施内容

ゆきみらいシンポジウム

富山県は、3,000m級の山々が連なる立山連峰から水深1,000mを越える富山湾に至るまで、高低差4,000mのダイナミックで変化に富んだ地形を有し、美しく豊かな自然環境に恵まれ、氷河時代からの動植物が生息する貴重な自然や景観が残された地域です。

一方、古来より急峻かつ脆弱な地形や黒部川・常願寺川など日本を代表する暴れ川への対応、冬の寒さや積雪など厳しい自然環境と対峙し共存に努めてきました。

厳しい自然環境は、季節の変化に富み、多様な観光資源を生み出し、例えば、世界有数の豪雪地帯である五箇山地域では、合掌づくりなどの建築様式や「結い」に代表される独自の地域文化を築いてきました。

ゆきみらいシンポジウムでは、雪国富山の様々な分野の取組みから「冬の温かさ」を再発見し、さらに「雪国の魅力」に磨きをかける提案を発信します。

開催日 平成30年2月8日(木) 14:00 ~ 17:00(予定)
会場 富山県民会館 2階/ホール

※詳細は今後ご案内いたします。

過去の北陸開催状況

ゆきみらい研究発表会

雪国に住む多くの人たちが、安心・安全で快適な生活を続けるためには、雪氷技術の更なる開発・普及が必要です。
ゆきみらい研究発表会では、「異常降雪への対応」「ICTと担い手」「雪国の生活や観光」などに関する調査研究や交流の場として開催します。

開催日 平成30年2月9日(金) 9:30~16:15(予定)
会場 富山県民会館 2階/ホール 3階/304会議室

『ゆきみらい研究発表会』の詳細情報はこちら

過去の北陸開催状況

ゆきみらい見本市

雪氷技術や情報、雪国に暮らす人々の文化・知恵などに関する最新情報について、出展者を募集し見本市を開催します。

開催日 平成30年2月8日(木) 10:00~17:00(予定)
平成30年2月9日(金) 9:00~16:00(予定)
会場 富山県民会館
1階/ロビー、美術館  地下1階/展示室

『ゆきみらい見本市』の詳細情報はこちら

過去の北陸開催状況

除雪機械展示・実演会

除雪機械の展示や実演を行い、高度化された最先端の機械や装置等を紹介するとともに、冬期の道路交通を確保し、雪国の生活をまもる除雪機械をもっと理解していただくために開催します。

開催日 平成30年2月8日(木) 10:00~16:00(予定)
平成30年2月9日(金) 9:00~15:00(予定)
会場 富山県五福公園

※詳細は今後ご案内いたします。

過去の北陸開催状況

交流会

県内外から来ていただいた参加者の皆様との意見交換や親交を目的に交流会を開催いたします。

開催日 平成30年2月8日(木) 18:00~ (予定)
会場 富山県民会館 8階/バンケットホール

※詳細は今後ご案内いたします。