水生生物調査

国土交通省では、昭和59年度から「水生生物による水質の簡易調査」を毎年、夏休み期間を中心に全国で行っています。これは、川底に棲んでいる水生生物(指標生物)の生息状況を調べ、その結果から河川の水質状況を知り、水質保全、河川愛護への意識を高めることを目的としています。
利賀ダム工事事務所では、平成16年度から庄川水系利賀川・神通川水系百瀬川で調査を行っています。

今年も利賀の川はきれいかな?

令和元年度水生生物調査!
調査結果は こちら »