高田河川国道事務所

現在地: > ホーム > 防災情報 > 河川の防災情報 > 関川浸水想定区域図

関川・保倉川浸水想定区域図

関川・保倉川浸水想定区域図を公表しました

近年全国各地で頻発している激甚な浸水被害への対応を図るため、平成27年5月に改正された水防法に基づき、関川水系(関川・保倉川)において想定最大規模降雨を対象とした浸水想定区域図等を平成28年5月30日に公表しました。  
※想定最大規模降雨とは?
激化する水災害に対処するため、施設では守り切れない事態を想定した降雨について、「想定最大外力(洪水、内水)の設定に係る技術検討会」により技術的な検討が進められました。
想定最大規模降雨については、本検討会により日本を降雨の特性が似ている15の地域に分け、それぞれの地域において観測された最大の降雨、または、年超過確率1,000分の1のいずれか大きい降雨を設定することとされています。
@関川水系関川洪水浸水想定区域図(想定最大規模)はこちらから
A関川水系保倉川洪水浸水想定区域図(想定最大規模)はこちらから
B関川水系関川洪水浸水想定区域図(計画規模)はこちらから
C関川水系保倉川洪水浸水想定区域図(計画規模)はこちらから
D関川水系関川洪水浸水想定区域図(浸水継続時間)はこちらから
E関川水系保倉川洪水浸水想定区域図(浸水継続時間)はこちらから
F関川水系関川洪水浸水想定区域図
  (家屋倒壊等氾濫想定区域〔氾濫流〕)はこちらから
G関川水系関川洪水浸水想定区域図
 (家屋倒壊等氾濫想定区域〔河岸侵食〕)はこちらから
H関川水系保倉川洪水浸水想定区域図
 (家屋倒壊等氾濫想定区域〔河岸侵食〕)はこちらから
I関川水系関川・保倉川洪水浸水想定区域図
 (想定最大規模)はこちらから
J関川水系関川・保倉川洪水浸水想定区域図
 (計画規模)はこちらから
K関川水系関川・保倉川洪水浸水想定区域図参考図
 (想定最大規模・支川等溢水を表示)はこちらから




ページの先頭へ戻る

プライバシーポリシー