信濃川大河津資料館 TOP・新着情報
バックナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
団体見学を
ご希望の方へ
大河津分水について
すぐわかる
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
企画展・講座・イベント情報

リンク集
信濃川大河津資料館
たより OHKOUZU ◆信濃川にまつわる情報◆

 サケは生まれた川に戻ってきますが、その川が汚れていたらどうでしょうか?サケだけでなく信濃川にはたくさんの魚がいます。そして魚を食べる鳥もいます。そして私たちは川の水を飲料水として利用しています。
 信濃川をきれいにすることは魚にとっても野鳥にとっても私たちにとっても大事なことなのです。
洗堰に溜まるゴミ
たくさんのゴミが洗堰に引っかかります。
中でもタイヤやプラスチックゴミは人間が捨てなければ発生しないゴミです。
信濃川の水を飲む
洗堰から約50km下流にある信濃川浄水場。
信濃川の水をきれいにしてから、新潟市域に水道を供給しています。
信濃川のBOD75%値の変化
BOD75%値とは?
 BODとは生物化学的酸素要求量のことで、水中の微生物が汚れを分解するのに必要な酸素の量です。この値が低いほど水はきれいです。
 川は水が少ないとき(渇水時)と多いとき(増水時)でBOD値が大きく変化します。そこで客観的に水質を判断できるように定めたのが75%値です。例えば100個のBODデータがあれば水のきれいな方から75番目の値がBOD75%値になります。

信濃川大河津資料館 〒959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2007 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.