信濃川大河津資料館 TOP・新着情報
バックナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
団体見学を
ご希望の方へ
大河津分水について
すぐわかる
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
企画展・講座・イベント情報

リンク集
信濃川大河津資料館
たより OHKOUZU ◆大河津分水の歴史と経緯◆
 大河津分水を発想し提唱した人物の出身地や今も残る関連史跡などを紹介します。
@阿賀野川河口と松ヶ崎堀割
 現在の阿賀野川は日本海へと注ぐ大きな河口があり、河口から1.5km程度上流の通船川は、かつての阿賀野川の名残です。
A本間屋数右衛門のお墓
 本間屋数衛門のお墓は照明寺(寺泊町)にあります。境内からは、日本海に面した港町寺泊を一望できます。
B横田破堤地
 「横田切れ」というと明治29年の水害が広く知られています。現在の横田破堤地には東屋が建てられ、明治29年の横田切れの資料も展示されています。横田切れについては、今後詳しく紹介する予定です。
C鎧潟跡に建つ干拓記念碑
 鎧潟は昭和30年代まで残っていました。現在は干拓され、鎧潟跡に記念碑が建っています。
D星清五郎のお墓
 野積海岸(寺泊町)を望む高台にあります。星清五郎は分水工事のための幕府の調査隊に協力し、案内役を務めました。
E小泉蒼軒(そうけん)の御霊屋
 御霊屋(先祖の霊や貴人の霊をまつる殿堂)は新潟市新津の一之瀬にあります。小泉蒼軒は優れた地理学者で、蒼軒が使用した江戸時代の測量具が現在も保存されています。
番外 戌の満水
 長野県の妙笑寺(長野市赤沼)には、戌の満水の際に浸水した位置を刻んだ柱(写真)がそのまま残されています。また、境内には水位標があり、過去の水害の水位が記されています。

信濃川大河津資料館 〒959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2007 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.