信濃川大河津資料館 TOP・新着情報
バックナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
団体見学を
ご希望の方へ
大河津分水について
すぐわかる
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
企画展・講座・イベント情報

リンク集
信濃川大河津資料館
たより OHKOUZU ◆大河津分水の歴史と経緯◆
西暦 元号 できごと
1844 弘化元年 小泉蒼軒が「大河津堀割損益略」を執筆し、初めて大河津分水の損得を論じる。
1868 明治元年 北越戊辰戦争-戦争と水害の両災。
1870 明治3年 大河津分水工事着手(第1次工事)。
1872 明治5年 悌輔騒動。
1872 明治5年 イギリス人技師ブラントンが分水工事反対意見を政府に提出。
1873 明治6年 オランダ人技師リンドーが分水工事反対意見を政府に提出。
1875 明治8年 大河津分水工事廃業(第1次工事)。
1881 明治14年 鷲尾政直「西蒲原郡治水起工議」執筆、田沢実入「信濃川治水論」執筆。
1886 明治19年 国は河身工事、県は堤防改築工事をそれぞれ分担し信濃川堤防改築工事が始まる。

信濃川大河津資料館 〒959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2007 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.