信濃川大河津資料館 TOP・新着情報
バックナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
団体見学を
ご希望の方へ
大河津分水について
すぐわかる
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
企画展・講座・イベント情報

リンク集
信濃川大河津資料館
たより OHKOUZU ◆なぜ?どうして?おねがい!教えて信濃川◆
大河津分水を守るためにどんなことをしているのですか?
 大河津出張所は24時間働いています!
                       大河津出張所 所長 大熊義史
 大河津分水は、洗堰と可動堰が一体となり、信濃川の水を絶えずコントロールすることで、越後平野を洪水から守り、また、普段は生活、かんがい、工業用水として必要な流量を下流の信濃川に流し続けています。このように大河津分水は、年中休み無く働き続けています
 大河出張所では、日頃より大河津分水が安全に機能するため、洗堰・可動堰・排水機場・堤防など施設のメンテナンスや堤防、堰などを造る工事を実施しています。なお、洗堰・可動堰は24時間体制で操作を行っています。また、洪水時には堰や排水機場の操作、河川のパトロールを実施し、洪水から越後平野を守っています。
平成18年7月の洪水の際の河川パトロール。
信濃川をきれいにしましょう
 洪水の時に、上流から大量のゴミや流木が流れきます。また、最近の河川パトロールでは心ない人による大量なゴミの不法投棄が発見されています。川にゴミを捨てると、海まで汚すことになります。
大河津分水路の河口付近に捨てられたゴミ。
大河津分水は越後平野を守っています
 大河津分水が越後平野を洪水から守り、豊かな実りをもたらし、新潟の発展に大きく役立っていることを知らない方が、まだまだいらっしゃいます。越後平野に住んでいる人たちに大河津分水の役割を知っていただきたいと思います。

信濃川大河津資料館 〒959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2007 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.