信濃川大河津資料館 TOP・新着情報
バックナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
団体見学を
ご希望の方へ
大河津分水について
すぐわかる
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
企画展・講座・イベント情報

リンク集
信濃川大河津資料館
たより OHKOUZU ◆なぜ?どうして?おねがい!◆
質問:大河津分水ではどのような野鳥が見られるのですか?
 資料館4F展望室からは、多くの野鳥を見ることができ、平成16年度は下表のような野鳥が見られました。専門家のお話では、大河津分水周辺で1年間に90種類程の野鳥が見られ、そのうち30種類程はこの時期にみられる冬鳥です。特にカモの仲間とハクチョウはたくさん集まって来ます。また、海が近いこともあり、海の鳥もやってくることがあります。冬は天候がよくない日が多いですが資料館4Fはガラス張りで屋内から野鳥を観察することができます。当分の間フィールドスコープを設置しますので一緒に野鳥を観察しましょう!
資料館4F展望室。
天候の影響を受けにくい絶好の観察場所です。
早朝であれば、たくさんのハクチョウを観察することができます。
資料館4F展望室から確認された野鳥
調査期間:平成16年4月〜平成17年3月
ムクドリ コハクチョウ トビ オナガ ユリカモメ カイツブリ
ハクセキレイ カワウ オナガガモ セグロセキレイ マガモ ゴイサギ
アオサギ コガモ ダイサギ カルガモ コサギ ウミネコ
ヒバリ チュウヒ ハヤブサ オオヨシキリ ミサゴ スズメ
カッコウ カンムリカイツブリ イソシギ コアジサシ トモエガモ チュウサギ
ツバメ ミコアイサ ホシハジロ コチドリ オカヨシガモ ヒドリガモ
オジロワシ オオタカ
 資料館4F展望室の野鳥観察表に来館者の皆さんから記入していただいた結果を集計したものです。赤字は1月〜3月に確認された野鳥です。

信濃川大河津資料館 〒959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2007 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.