信濃川大河津資料館 TOP・新着情報
バックナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
見学ガイドを
ご希望の方へ
資料館パンフレット
大河津分水について
すぐわかる
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
企画展・講座・イベント情報

リンク集
信濃川大河津資料館
トップ > 大河津分水周辺のご案内
■大河津分水周辺のご案内
大河津分水周辺は、信濃川大河津資料館と一体となり信濃川と大河津分水を学ぶ“総合学習”の場として、また安らぎの空間として親しまれています。
ごらんになりたいところをクリックして下さい。
国登録有形文化財 洗堰
大正11年(1922年)に通水。
平成12年に現在の洗堰が通水するまでの78年間稼働。
登録有形文化財として平成14年2月14日に登録されました。
洗堰

平成12(2000)年5月通水。
水門ゲートの開閉に全国で初めて「油圧シリンダー自走式」が採用され、他にも最新技術が用いられています。

魚道観察室
信濃川中流域に生息するいろいろな魚を観察することができます。春から夏にかけてはアユ・オイカワ・ウグイなどが見られます。
多目的広場
旧洗堰下流の河床を埋め立てて造られた芝生の広場です。
せせらぎ水路
信濃川の自然を身近に再現しました。上流には観察窓があり、魚道も兼ねている川の中の様子も見られます。
体験水路
信濃川の水に触れて、水遊びができる空間です。平成14年8月の子供講座で作成した粗朶沈床が設置され、魚のすみかになっています。
大河津出張所
1階はホールになっており、昼食場所としてご利用いただけます。2階は事務室となっています。3階は操作室で、洗堰や可動堰の操作をしている様子をガラス越しに見ることができます。4階の屋上からの展望もお楽しみ下さい。
可動堰
平成23年(2011年)に11月に通水しました。主に分水路に流す水量を調節します。
旧可動堰
昭和6年(1931年)に完成し、80年にわたり越後平野を水害から守り続けました。当初10門あったゲートは、現在3門が残っています。

信濃川大河津資料館 〒959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2015 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.