信濃川大河津資料館 TOP・新着情報
バックナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
見学ガイドを
ご希望の方へ
資料館パンフレット
大河津分水について
すぐわかる
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
企画展・講座・イベント情報

リンク集
信濃川大河津資料館
トップ > 団体での見学を予定されている方へ
■団体での見学を予定されている方へ

プラン@ 信濃川・大河津分水見学プラン
所要時間 30分〜120分
概要 信濃川大河津資料館内はもちろん、堰や魚道観察室などをスタッフが誘導・ご案内します。例えば「信濃川の洪水と私たちのまちとの関わりについて勉強したい。」というご要望に対しては、次のような案内をいたします。
STEP1 全体を観る
大河津分水の概要を紹介した映画をご覧いただき、大河津分水のイメージを持っていただきます。
STEP2 過去を知る
大河津分水完成以前の信濃川の洪水回数や代表的な水害「横田切れ」を取り上げ、地域と水害の歴史を確認いただきます。
STEP3 今を考える
大河津分水が無かった場合の浸水シミュレーションで、信濃川の脅威と大河津分水の恩恵を考えていただきます。
STEP4 体で感じる
4階の展望室や屋外から、信濃川や越後平野をご覧いただき、川の大切さや地域との関わりを感じていただきます。
◎「全体を観る」のミニシアター室は40人収容で、DVDやスライド投影ができます。
◎「体で感じる」の4階展望室には、望遠鏡があり、大河津分水や野鳥が観察できます。

プランA 出前事業プラン
所要時間 10分〜120分
概要 学校や所定の場所へスタッフが出張しご説明します。次のような内容が出前プランとして可能です。
CASE1 スライド等を活用した説明
信濃川・大河津分水に関する役割、歴史、自然環境などをご説明いたします(写真は、スライドを活用したご説明状況です)。
CASE2 現地説明
関連する史跡や施設でご説明します。近くの小川での生物指標や川の汚れ具合の観察などもご相談にのります。
CASE3 学習コース立案補助
過去と現在の水害の跡を見たいが、適切な場所はないか?などのご相談にものります。
◎使用機器などについてはご相談させていただきます。

プランB 堰の操作室見学プラン
所要時間 20分〜60分(資料館からの移動を含む)
概要 大河津分水の堰は休むことなく動き続けるため、堰を操作する人も24時間365日働いています。たとえば、「大河津分水で働く人を勉強したい」という場合には、この堰の操作室をご見学いただくこともできます。
堰の操作室と堰のしくみ

プランC 堰・記念碑見学プラン
所要時間 5分〜60分(資料館からの移動含む)
概要 信濃川大河津資料館を中心とした半径300mほどの範囲には、大正から昭和にかけて建てられた石碑や、登録有形文化財となった洗堰など、大河津分水の歴史や先人の苦労が刻まれた実物資料があり、原資料から学ぶことができます。
CASE1 信濃川補修工事竣工記念碑
銘文「万象に・・・」から、当時の技術者が工事にかけた想いを感じることができます。
CASE2 登録有形文化財の洗堰(旧洗堰)
大正11年から平成12年まで越後平野を洪水から守り続けました。現在はゲートの下をくぐれるようになっています。

プランD 魚の観察プラン
所要時間 30分〜90分(資料館からの移動含む)
概要 大河津分水周辺では約40種類の魚類が確認されており、「魚道観察室」や「体験水路」では、窓越しに魚を観察したり、魚を捕まえたりすることができます。「川の形態による水生生物の違いから、環境や自然について勉強したい」といった学習にも活用できます。
ギンブナ オイカワ
サクラマス オオクチバス
ライギョ

プランE 野鳥の観察プラン
所要時間 20分〜60分(資料館からの移動含む)
概要 大河津分水周辺では約180種類の野鳥が確認されています。そのような野鳥を望遠鏡やフィールドスコープでご覧いただくことができ、野鳥の種類や生態から川の環境を勉強することができます。野鳥は渡り鳥が多いため、冬季は多くの種類を観察できます。
アオサギ ゴイサギ オジロワシ
たくさんのカモ コハクチョウ

信濃川大河津資料館 〒959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)
TEL(0256)97-2195  FAX(0256)97-2196
e-mail
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2015 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.