信濃川大河津資料館 TOP・新着情報
バックナンバー
大河津資料館について
ご利用案内
館内のご案内
大河津分水周辺の
ご案内
見学ガイドを
ご希望の方へ
資料館パンフレット
大河津分水について
すぐわかる
大河津分水とは
大河津分水を
知る・訪ねる・語る
信濃川と大河津分水
企画展・講座・イベント情報
リンク集
信濃川大河津資料館
トップ > 館内のご案内 > 2階
■館内のご案内・2階
9.大河津分水のあゆみ
大河津分水のあゆみ
大河津分水工事が始まった明治時代から現在までの歴史を紹介します。
大河津分水計画の変遷
4枚の分水路計画平面図を比較することによって、分水計画の変遷が分かります。
10.大河津分水を支えた技術
大河津分水を支えた技術
大河津分水の建設に欠かすことのできなかった土木技術や、工事の様子などを紹介します。また実際に使用されたトロッコを展示しています。
11.堰の技術
大正11年(1922)に通水した第2期工事では、信濃川本川側に洗堰、分水路側には固定堰と自在堰が建設されました。これらの堰を図面や模型で紹介します。
12.大河津分水に尽力した技術者
大河津分水に尽力した技術者
大河津分水の計画に尽力した技術者と近代的水門築造の歴史を年表で紹介します。
竣工記念碑に刻まれた技術理念と人類愛「青山士」
青山士は、パナマ運河工事に直接たずさわった唯一の日本人です。帰国後は、荒川放水路、大河津分水補修工事に従事しました。竣工記念碑に刻まれた碑文も紹介します。
可動堰建設に命をかけた天才技術者「宮本武之輔」
大河津分水補修工事に携わった宮本武之輔を紹介しています。3階の情報ライブラリーでは、宮本武之輔が書いた日記を読むことができます。
13.大河津分水の機能の維持
大河津分水模型
大河津分水のしくみを約1/2000スケールの模型とCGで紹介します。
堰操作のしくみを知ろう
大河津分水の堰のコントロールをCGと模型によるクイズ形式で紹介します。
大河津分水の機能の維持
大河津分水を守るために、完成後も続けられている洗掘(せんくつ)対策や改修工事の様子を紹介します。
越後平野を守る
越後平野につくられた放水路や排水機場などの洪水対策を紹介します。

信濃川大河津資料館 〒959−0124 新潟県燕市五千石 (旧分水町五千石)
*リンク・著作権について
Copyright (c) 2002-2007 Shinano River Ohkouzu Museum. All Right Reserved.