昔、信濃川下流域は、一面に無数の潟があった。
表示回数   回
昔、信濃川下流域は水面の高低差が少なく流れが緩やかなため低湿地帯で、一面に無数の潟があり、水辺にはアシやガマが繋がっていました。
           ※上記の画像をクリックすると、教材が表示されます
【資料の出典】
 信濃川下流治水歴史めぐり、平成25年9月、P.2
【資料の保管先】
 機関:国土交通省 信濃川下流河川事務所 調査設計課
 連絡先:025-266-7319