北陸から全国へ!雪のトップランナー

除雪機械:除雪トラック

除雪トラックについて

 大型トラックに除雪プラウを装備した除雪機械です。除雪車用として作られており、総輪駆動でシャーシフレームが強化されている他、随所に除雪車用の対策が施されています。
 比較的高速作業が可能で、主に路面に積もった新雪を路側または路外に除雪する作業に使用します。

開発年表

1940年代
1943年
トラック(米国フォード)にVプラウを取り付けたトラックが登場し、除雪を行う(北海道)
1944年
除雪用の補助翼(サイドウィング)を架装したトラックで除雪を行う
1945年
米国要請により旧日本軍の滑走路用除雪車で道路除雪を行う(札幌、青森、弘前)
1950年代
1950年
北海道庁に米軍からトラック(米国GMC)やレッカーが払い下げられ、除雪に使用される
1955年
10t級のダンプトラック(6×6)にVプラウとサイドウイングを架装した、除雪トラックの国産1号機が導入される(開発局)
1956年
5t級の除雪トラック(6×6)の導入が進む
1960年代
1961年
10t級の除雪トラックが登場する
1964年
プラウ14台を直営で製造する(7t級の除雪トラック用)(北陸技術)
除雪トラックのグレーダ装置第1号機を開発する
1966年
サイドウイング装置(トラック、グレーダ装着)を開発する(北海道)
1970年代
1970年
除雪専用のトラック(除雪トラック)が登場する(北海道)
1975年
ボンネットタイプの除雪トラックが登場する
1976年
キャブオーバー型の除雪トラックが登場する(開発局)
1977年
プラウ安全装置(シャーピン式)を開発する(北陸)
1978年
雪庇処理装置を架装した除雪トラックを開発導入する(北陸)
1980年代
1981年
プラウの簡易脱着装置を開発する(北陸)
1984年
配水管清掃装置と側溝清掃装置を備えた、特殊作業装置付き除雪トラックを開発する
1985年
高雪堤処理装置を架装した除雪トラック(バックホウ付)を開発する(北陸)
シャッター付きプラウを開発導入する(北陸)
1989年
除雪トラックの自動変速機構ブレードの広幅員自動操縦装置を開発する(北陸)
1990年代
1990年
つらら処理装置付き除雪トラックを開発する(北陸)
新型除雪トラック(10t級、6X6)が登場する(北陸)
1991年
広幅員除雪装置を開発導入する(北陸)
1992年
広幅員路面整正装置のシャッター装置を開発導入する(北陸)
除雪トラックに架装する雪庇処理装置を開発する
1994年
路面整正装置のブレード押付力自動制御機能を開発する(北陸)
1998年
10t級の除雪トラック(4X4)が登場する
2000年代
2002年
路面整正装置にシャッタブレード機能を備えた除雪トラックを導入する(北陸)
2004年
多機能除雪車(トラックロータリ)を開発導入する(北陸)
2010年代
2014年
切削角可変型の路面整正装置を開発する(北陸)
2017年
除雪トラックの操作簡易化(ブレード角度調整)を導入する(北陸)
2018年
除雪トラックのガイダンス装置を開発
2018年
除雪トラックのサイドシャッタの自動化を開発(北陸)