みちナビ新潟【新潟国道事務所Website】


みちナビTOP → にいこくいひろば|

にいこく広場&にいこくひよっこ体験記

6月号

06月23日更新
新潟市の玄関口「東大通り」でイチョウとケヤキの剪定を行いました!

 6月7日(水)から16日(金)までの間、新潟市の玄関口となる国道7号東大通り(約200m)でイチョウとケヤキの枝の剪定を実施しました。

 枝が伸びすぎると、車両の通行の支障となったり、台風などの強風の際には枝折れによる飛散が起こったりするなど、大変危険な状況となります。

 そのため、新潟国道事務所では、日々の道路パトロール等で枝の伸び具合を観察し、適切な時期に剪定を行っています。


 今後も各地域において同様の作業を行う場合がありますので、作業のご理解とご協力をお願いします。


剪定前剪定前
剪定前剪定前
剪定作業中剪定作業中
剪定作業中剪定作業中

 

関連URL:道路メンテナンス情報

ページのTOPへ

06月20日更新
【にいこくひよっこ体験記】事前通行規制訓練に参加しました!(6月15日(木))

 新潟国道事務所では、平成29年6月15日(木)に事前通行規制訓練を実施し、私も津川STにて実際に通行止めを行う訓練に参加しました。


 訓練では、栄山地区で連続雨量が規制値(150mm)を超えたとの想定のもと、出張所との無線連絡に従って国道の通行規制や看板の設置、遮断機の操作、ドライバーへの案内などの作業を実施しました。

 実際に国道49号を通行止めにして行う訓練であり、迅速な行動を心がけて訓練に臨みました。ご協力いただいたドライバーの皆さん、ありがとうございました。


 緊急時の対応手順を現地で体験することができ、今後の梅雨や台風シーズンに向けよい経験になったと感じています。大きな災害が起こらず、訓練の経験を活かす機会が来ないといいですね。


国道を通行止めにしながらの訓練です国道を通行止めにしながらの訓練です
遮断機の操作状況。思いの外重い…遮断機の操作状況。思いの外重い…

ページのTOPへ

06月20日更新
大雨に備えて事前通行規制訓練を実施しました

 新潟国道事務所では、平成29年6月15日(木)に、国道49号の事前通行規制区間において大雨を想定した事前通行規制訓練を実施しました。

 事前通行規制区間とは、連続雨量が規制値に達した場合に道路利用者の安全確保のため事前に通行止めを行う区間です。

 今回の訓練では、栄山地区(阿賀町八木山〜花立、規制値150o)で規制値に達したと想定して訓練しました。


 訓練の内容は、主に現地等との情報伝達訓練、規制箇所への要員配置訓練、遮断機操作訓練であり、通行止め開始から解除を行うまでの作業を確認しました。


 今回の訓練を活かして、大雨の際は迅速に対応していきたいと考えています。


福取駐車帯前での遮断機操作訓練状況福取駐車帯前での遮断機操作訓練状況
津川除雪ステーション前での遮断機操作訓練状況津川除雪ステーション前での遮断機操作訓練状況

ページのTOPへ

06月13日更新
【にいこくひよっこ体験記】現地視察に行ってきました!(6月9日(金))

 今回見学をしたのは、紫竹山道路・栗ノ木道路、大夫興野IC、朝日温海道路の3事業でした。


 まず、紫竹山道路・栗ノ木道路では、笹越橋の架け替え箇所や、高架橋ができる位置の説明を受けました。高架橋の橋脚が立つ位置が示されていたので、イメージしやすかったです。


 次に行ったのは大夫興野ICです。バイパスの下を通る県道が2車線から4車線になることを受け、その分バイパスの橋の長さを伸ばさなければいけないということで、橋を新しく架け替えている最中でした。


 最後に、朝日温海道路の現場に行ってきました。トンネルの工事箇所を見た後、ICができる箇所をひとつひとつ見学しましたが、写真のようにまだ木々が生い茂っている場所が多く見られました。このような場所に新しく道ができると思っても、なかなか想像できないものですね。それだけ大規模な工事になるようです。


朝日温海道路工事現場朝日温海道路工事現場
工事の説明中・・・工事の説明中・・・

 

 ※【にいこくひよっこ体験記】とは、新潟国道事務所(にいこく)の若手職員(係員)が仕事の中で体験したことをお知らせする「にいこく広場」です。


ページのTOPへ

06月9日更新
新潟国道事務所工事安全対策協議会を開催しました

 新潟国道事務所では工事の安全施工等を目的とした工事安全対策協議会を6月5日(月)に開催しました。


 冒頭の協議会長(新潟国道事務所長)挨拶で「H28年度は大きな工事事故もなく件数も少なかったがゼロではなかった。各自、基本動作に立ち返り、工事事故ゼロを目指して取り組んでいき、事故、災害の発生は未然に防ぐようお願いしたい。」と述べました。

 協議会では、平成28年度の活動結果や平成29年度の活動方針が説明され、日本海沿岸東北自動車道の工事進捗にあわせ村上地区安全協議会を新たに発足することなどが承認されました。


 今後、活動方針に基づき、安全パトロールや建設労働災害防止大会等の活動を行いながら工事事故ゼロを目指して工事を進めていきます。


協議会長(新潟国道事務所長)挨拶協議会長(新潟国道事務所長)挨拶
会議の様子会議の様子
        

ページのTOPへ

06月8日更新
i-Construction(アイコンストラクション)の現場見学会をしました

 6月6日(火) i-Constructionを活用した阿賀野バイパスの工事現場を見学会をしました。


 i-Constructionとは、「ICT の全面的な活用(ICT 土工)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設現場の生産性を向上させるため国土交通省で推進している施策です。その導入は、建設現場に必要な技術の習得に要する時間が短縮されるとともにI CT建設の活用により危険が伴う、丁張り等、重機周りの作業が減少するため、安全性が向上し、厳しい環境で行う作業も減少することから、建設現場において、若者、女性や高齢者等の多様な人材の活躍が期待されています。


 今回の現場では、センサーやGPS、3Dデータなどを活用して、機械がガイドして法面の成形ができます。

 i-Constructionによって工事現場のイメージが大きく変わっていきます。


センサーやGPSを装備したバックホウセンサーやGPSを装備したバックホウ
i-Constructionの技術で施工された法面i-Constructionの技術で施工された法面
実際施工して課題などが報告されました実際施工して課題などが報告されました
        

ページのTOPへ

4月号

04月25日更新
宮浦中学校の生徒さんが萬代橋を学びました!

 4月19日(水)に新潟市立宮浦中学校新2年生の生徒さんが、総合学習の一環として新潟国道事務所を訪れ、萬代橋について学びました。


 宮浦中学校では、自分たちが住む新潟市を再発見し新たな課題を見つけ追求することを目的に、自らが興味ある分野を選択し、班別で校外調べ学習を行います。今回、4名の生徒が歴史・伝統文化の一つとして萬代橋について学ぶために新潟国道事務所への訪問を希望してくれました。


 当日、新潟国道事務所からは萬代橋の歴史を小ネタも織り交ぜながらお話ししました。さすが勉強しているだけあって、歴史部分はほとんど知っているようで、とても感心しました。ただ小ネタ部分については、「分からないことが分かって良かった」と言っていただけ、少しはお役に立てたようで一安心です。

 その後、萬代橋と万代クロッシングへ行き、現物を見ながら講話で話したことの確認を皆で行いました。これまで以上に萬代橋を身近に感じてもらえると幸いです。


 皆さんもぜひ新潟再発見、萬代橋について学んでみませんか。


当日は風が強かったです当日は風が強かったです
万代クロッシング万代クロッシング
        

ページのTOPへ

04月20日更新
2017年萬代橋チューリップフェスティバル開催

 4月14日(金)、萬代橋西詰において、新潟市主催による「2017年萬代橋チューリップフェスティバル」のオープニングセレモニーが開催されました。

 このフェスティバルは、昭和61年に初代萬代橋架橋100周年を記念して始められ、今年で32回目、JR新潟駅万代広場〜萬代橋西詰の両側歩道に439団体及び個人が約3,200個のプランターで育てたチューリップ約32,000本が並べられました。


 セレモニーは快晴の中で行われましたが、今年は気温が低かったため、この日に咲いていたチューリップは僅かしかありませんでした。しかし、集まった園児たちの帽子が、まるでチューリップの花が咲いたようでした。

 当事務所も来賓代表として、主催者代表の新潟市長、駐日オランダ王国大使館農務参事官に続いて新潟国道事務所長が祝辞を述べました。

 保育園、幼稚園児たちが「チューリップ」を大きな声で合唱した後、セレモニーに参加した保育園・幼稚園児9園233名、一般32名によるパレードが、新潟市消防音楽隊演奏の「さんぽ」に合わせて、萬代橋東詰まで行われました。園児たちは、自分たちが植えたチューリップや咲いているチューリップを探しながら、楽しそうに歩いていました。


 フェスティバルは4月27日(木)まで開催されているので、これから咲いていくチューリップを楽しめると思います。皆さんも、萬代橋まで足を運んでみてはいかがでしょうか?


新潟国道事務所長お礼の挨拶新潟国道事務所長お礼の挨拶
パレードの様子パレードの様子
パレードの様子パレードの様子
        

ページのTOPへ

04月19日更新
阿賀町立三川中学校生徒、にいこくを訪問!

 4月13日(木)に阿賀町立三川中学校新2年生の生徒さんが、職場体験学習として新潟国道事務所の情報管理室を訪問しました。


 三川中学校新2年生は、新潟国道事務所のほかにも様々な事業所を訪問する中で、今回5名の生徒さんが新潟国道事務所への訪問を希望してくれました。


 当日は、新潟国道事務所からは国土交通省の仕事や道路管理の仕事についてお話しをし、その後生徒さんから質問を受け付けました。「この仕事のやりがいは?」との問いには、「自分で携わった道路ができて、地域の人に喜んでもらえればこの事業を行って良かったと思う。」と答え、「どのような人が向いてますか?」の問いには、「大きなものを作りたい人、そこに住む人や道路を使う人など皆の役に立ちたいと思う人がこの仕事に向いていると思います。」と答えました。


 最後に生徒さんから「今回の訪問で、自分の将来就きたい仕事の参考にしたいと思っています。」と言っていただき、私たちも生徒さんが将来を考える上でお役に立てて良かったと思っています。


ページのTOPへ

04月10日更新
道の駅「国上」がリニューアルオープンしました

 平成29年4月1日に道の駅「国上」がトイレや食堂など改修を終えてリニューアルオープンしました。


 道の駅「国上」は、この改修で燕市の地場産業である金属製品の販売が出来るようになったほか、食堂では金属食器(どんぶり)を使ったメニューの提供など、金属製品の魅力を発信する拠点として整備されました。

 当日は、燕市長、地元選出国会議員ほか関係者が参加したセレモニーが行われ、新潟国道事務所長も出席しました。


 同施設には、日帰り温泉「てまりの湯」や地元の新鮮な野菜を販売する朝市コーナーなどもあります。春のドライブコースに入れてみてはいかがでしょうか。


セレモニーの様子セレモニーの様子
改装された館内の様子改装された館内の様子

ページのTOPへ

メールマガジン会員募集中! にいこくひろばバックナンバー(PDF) にいこくからの情報発信 かわら版いろいろ くりのき通信 日沿道通信 ボランティア・サポート・プログラム 白根バイパス通信(PDF)
お問い合せ先
新潟国道事務所 計画課
電話:025-244-2159(代表)
FAX:025-246-7763

もどる