みちナビ新潟【新潟国道事務所Website】


みちナビTOP → にいこくいひろば|

にいこくひろば 7月号

07月29日更新
優良工事・委託業務等表彰式を行いました!

 7月28日(木)、新潟国道事務所において平成27年度に完成した工事及び委託業務の中から、その施工及び成果が優秀で他の模範となる、会社4社、技術者3名、協力会社として2社2名に表彰状が授与されました。また、7月20日に北陸地方整備局長表彰を受けた3社、技術者2名が、表彰状を披露されました。


 受賞者を代表して株式会社加賀田組の西村様より、「優良工事表彰という名誉ある賞を授与して頂き、身に余る光栄と存じ、厚く御礼を申し上げます。私どもが建設に携わる道路施設は国民の生活環境を快適にし、経済活動の効率化に寄与してきました。又、近年多発する自然災害では、復旧作業や物資輸送の動脈としてその重要性が再認識されております。今後も国土の発展を支える道路事業に従事するものとして、微力ではございますがそれぞれの立場で技術力の研磨伝承に励み、国民が安全で安心して生活できる道路整備の推進と、その維持管理に尽くして参る所存でございます。」との謝辞をいただきました。


 関連URL:記者発表資料 「優良工事・委託業務等表彰式のお知らせ」 (受賞者一覧掲載)

 http://www.hrr.mlit.go.jp/niikoku/kisha/pdf/160720yuuryoukouji.pdf


新潟国道事務所優良工事等表彰式(北陸地方整備局長表彰の披露含む)新潟国道事務所優良工事等表彰式(北陸地方整備局長表彰の披露含む)
受賞者代表の挨拶受賞者代表の挨拶

ページのTOPへ

07月28日更新
山潟中学校生徒、にいこく現場訪問

 7月19日(火)に新潟市立山潟中学校の生徒5名が、職場訪問学習として新潟国道事務所の現場・姥ヶ山IC(上り)を訪問しました。


 山潟中学校では、早い段階から職場訪問を通して、生徒達に将来への夢や希望をもたせるとともに、学校生活に対しても目標を持って取り組む生徒を育てるために職場訪問学習を行っているそうです。


 当日は、姥ヶ山IC(上り)ランプ改良工事を見学し、事業の概要と工事の内容について、新潟国道事務所と工事の受注者である(株)廣瀬が説明を行いました。


 生徒さんは、初めて見る現場に驚きを感じなからも、私たちに素直に様々な質問を投げかけていました。


 現場視察を終えて、生徒さん達も建設業に興味をお持ちいただいたようです。


ページのTOPへ

07月21日更新
会津若松市立第三中学校生徒、にいこく訪問

 7月14日(木)に福島県の会津若松市立第三中学校2年生の生徒5名が、職場見学学習として新潟国道事務所の情報管理室を訪問しました。


 第三中学校2年生の生徒さん達は、新潟国道事務所のほかにも海上自衛隊や消防署など各事業所に分かれて訪問するそうです。


 当日は、新潟国道事務所から国土交通省の仕事、道路計画のことやITSコックピットでの道路管理の仕事についてお話しをしました。


 生徒さんは熱心に質問をし、「この仕事のやりがいは?」と尋ね、新潟国道事務所の職員から「道路はあって当然と思われてますが、なくなると皆さんが困ってしまう。それだけ国民生活に密着しています。国民生活を支えているという使命がやりがいにつながっています」とお答えました。


 今回の訪問で、生徒達の今後の活動の一助になることを願っています。


ページのTOPへ

07月19日更新
新潟工業高校生徒、にいこく訪問

 7月8日(金)に新潟県立新潟工業高校2年生の生徒6名が、就業体験学習として新潟国道事務所を訪問しました。


 生徒達に話を聞くと、将来の就業に対する視野を広げるために、それぞれ生徒達が様々な事業所を訪問するそうです。


 当日は、当事務所からは国土交通省の仕事、道路計画のこと、道路工事のこと、道路が出来てからの維持管理・修繕やITSコックピットでの道路管理の仕事をお話しし、最後に新潟維持出張所を訪問し除雪機械などを見学しました。


 今回の訪問が、生徒達の今後の活動の一助になることを願っています。


ページのTOPへ

07月08日更新
萬代橋、みがきます!

 昨日の7月7日(木)に新潟市立万代長嶺小学校4年生の児童62名と先生4名、萬代橋を愛する会5名、そして新潟国道事務所職員26名の総勢97名で萬代橋の清掃活動を行いました。


 その前まで雨が強く降っていた日もあったのですが、児童の願いが七夕に届いたのか、雲が多い日でしたが雨も降ることなく皆さんで萬代橋の掃き掃除、雑巾がけ、ガム取りなどを行いました。


 萬代橋は全国的に見ても長寿の橋で、誕生してから今年で87年。萬代橋という橋(初代萬代橋)が架かってから数えるとなんと今年で130年にもなります。


 清掃活動を終えて、最後に子供たちが「萬代橋がなぜこんなに愛されているか。今回の萬代橋をみがいて分かった気がしました」と感想を述べていました。


 萬代橋は、これからもずっと市民に愛され、シンボルとして新潟の発展を見守っていくことを期待しています。


親柱と橋銘板みがきの様子親柱と橋銘板みがきの様子
親柱と橋銘板みがきの様子親柱と橋銘板みがきの様子
ガム取りの様子ガム取りの様子

ページのTOPへ

07月06日更新
柄目木遺跡で現地説明会が開催されました。

 6月26日(日)に阿賀野市大字下ノ橋地先で「柄目木遺跡」の現地説明会が開催されました


 柄目木遺跡は、国道49号阿賀野バイパスの整備を進めるため、工事実施に先立ち発掘調査を実施しています。


 現在までに、古代(奈良〜平安時代)・中世(鎌倉〜室町)の集落跡が確認され、各時代の遺物が出土しています。


 現地説明会にはあいにくの天候にもかかわらず、午前・午後で延べ76名の参加がありました。


 参加した皆さんは、出土した遺物から想定される、当時の生活風景や特徴などの説明に耳を傾けたり、写真撮影をされていました。


 地域の歴史に触れ楽しい時間を過ごして頂けたのではないでしょうか。


調査現場での説明状況調査現場での説明状況
出土品の展示状況出土品の展示状況

ページのTOPへ

07月01日更新
違法トラックの合同取締りを実施しました

 6月28日(火)10時〜12時に東蒲原郡阿賀町にある国道49号津川除雪ステーションにおいて、津川警察署と合同で過積載・特殊車両の現地取締りを実施しました。


 当日は津川警察署と新潟国道事務所職員の25名で、車両の寸法・重量の計測、特殊車両の通行許可証の確認を行いました。


 結果は、取締り実施台数6台のうち、違反指導を行った車両は4台でした。


 【違反指導の内訳】

  ・道路法取締り:特殊車両通行許可違反4台

  ・道路交通法取締り:過積載違反0台


 国土交通省では、特殊車両に対する指導取締を徹底し、繰り返し違反を行った者や基準の2倍以上となる重量超過車両等の悪質な違反者に対し告発を行うなど、厳正に対応しているところです。


 今後も引き続き現地取締りを行うことで、道路構造物の保全、重大事故の防止に努めます。


 <過積載とは>

 トラックなどの車両に定められた重量の限度を超えて荷物を運搬することを言います。過積載の車両が通行することは、道路舗装面や橋梁などの道路構造物が損傷する原因となります。さらに、過積載をすることで車両が止まりにくくなり重大事故につながる危険性が高まります。


現地取締まりの様子1現地取締まりの様子1
現地取締まりの様子2現地取締まりの様子2
現地取締まりの様子3現地取締まりの様子3

ページのTOPへ

メールマガジン会員募集中! にいこくひろばバックナンバー(PDF) にいこくからの情報発信 かわら版いろいろ くりのき通信 日沿道通信 ボランティア・サポート・プログラム 白根バイパス通信(PDF)
お問い合せ先
新潟国道事務所 計画課
電話:025-244-2159(代表)
FAX:025-246-7763

もどる