重要文化財の経緯

重要文化財指定書 「重要文化財」とは、わが国の長い歴史で生まれ、歴史・伝統・文化などの理解のために欠くことのできない、国によって指定された「文化的な遺産」のことです。今日の世代に守り伝えられてきた貴重な財産であると同時に、将来の文化の向上発展の基礎をなすものです。
 建造物の重要文化財の指定基準が、「意匠的に優秀、技術的に優秀、歴史的価値が高い、学術的価値が高い、流派的または地方的特色において顕著なもの、のいずれかに該当し、各時代または類型の典型となるもの」とされています。
 萬代橋は、「意匠的に優秀なもの」「技術的に優秀なもの」の価値を国に認められました。

重要指定文化財指定の概要と指定範囲

1.名称 萬代橋(ばんだいばし)
2.所在地 新潟市万代〜下大川前通・川端町間、
一般国道7号
3.構造様式 鉄筋コンクリート造6連アーチ橋
4.橋長 306.9m
5.幅員 22.0m
6.特徴
  1. 橋梁デザイン史上での価値が高い
    • 充複された躯体側面全体に花崗岩を施す重厚な外観
    • 連続アーチの律動感が巧みに表現された近代橋梁
    • 力学的合理性に基づく近代的橋梁美が体現された構造物
  2. 技術的達成度を示す遺構として貴重
    • 建設当時、鉄筋コンクリート構造物としてわが国最大支間を実現(最大支間:L=42.2m)
重要文化財指定の範囲
橋詰隅柱、橋詰壁面、旧橋詰階段親柱の写真
上に戻る