萬代橋の今昔

初代萬代橋

 かつて信濃川下流域にはひとつも橋がありませんでした。
 木橋は初代萬代橋(よろずよばし)が完成したのは明治19年のこと。
 当初は個人所有の有料橋でしたが、明治33年4月に県が買い取り、無料橋となりました。
初代萬代橋

二代目萬代橋

 明治41年3月8日、新潟大火により、初代萬代橋は半分以上焼け落ちました。
 萬代橋は多くの人馬車の通行があり、交通上重要な橋としてその通行を一日たりとも止めることが出来なかったため、県は直ちに建設に着手し、明治42年12月に二代目萬代橋が完成しました。
二代目萬代橋

三代目萬代橋

 大正11年の大河津分水路通水を期にした改修で、信濃川の川幅は1/3へと大幅に縮小されました。
 それにより、橋を永久橋として架け替えることが実現可能となり、昭和2年7月に着工、昭和4年8月に完成しました。
三代目萬代橋
上に戻る