犀川大橋アーカイブ

犀川大橋について

歩み

登録有形文化財でもある
犀川大橋は、
地域と共存してきました

  • 木造橋の頃

    藩政期~大正[文禄3年~大正7年]

    1594~1918年

    最初の架橋は加賀藩祖、前田利家が造った木造大橋です。城下一の大きさを誇り、犀川に架かる唯一の大橋であったことから、今と変わらず当時も人の交流や物流が盛んでした。明治維新以後も洪水やはんらんにより度々流失し、明治31年(1898)に木造橋最後の架け替えが行われました。

  • 鉄筋コンクリート橋の頃

    大正[大正8年~11年]

    1919~1922年

    市電敷設のためそれまでの木造橋を取り壊し、鉄筋コンクリート製の永久橋に変わりました。フランス・アンネビック式で鉄筋は一部米国製を使ったりと、堅牢さが自慢の橋でしたが、大正11年8月、金沢測候所(現気象台)開設以来の集中豪雨により崩壊し、3年間の短命に終わりました。

  • 鋼材橋の頃(近年)

    大正~平成[大正13年~平成5年]

    1924~1993年

    現在見られるワーレントラス式の鉄橋は、鋼材を組み合わせた造形が「男川」と呼ばれる犀川にふさわしく、男性的な力強さを感じさせます。設計は日本橋梁技術の先駆者である関場茂樹が手掛け、英国製の鋼材も使用されました。80年近く経った今日も約3万5千台/日もの交通量に耐えています。

  • 現代

    平成[平成6年~]

    1994年~

    平成6年(1994)の改修工事で、青色系統のグラデーションが施されました。歩道にはベンチやバルコニー的空間、レトロ調の照明が設けられ、高欄は金沢情緒を演出する紅柄格子がイメージされています。伝統を重んじながらも現代感覚を取り入れた橋は、金沢の街並みにしっくりとなじみ、国の登録有形文化財の指定を受けました。

特徴

日本で最も古い
ワーレントラス形式の道路橋

1.ワーレントラス形式

日本橋梁技術の先駆者、関場茂樹が設計を手掛け、大正13年(1924)に完成。鋼材の組み合わせが男性的な力強さを感じさせます。

2.街並みになじんだ色

平成6年(1994)の改修工事で、日本の伝統色である青色を加賀友禅に見られるグラデーションの配色法で施しました。


3.歩道空間

歩道は御影石で舗装し、柔らかな曲線を取り入れて、金沢の景観になじむよう配慮。バルコニー的空間は、橋上を散策する人々の憩いの場に。

4.レトロ調の照明

犀川の両岸にある「犀星の道」との調和を意識して、ガス灯をイメージ。夕暮れには柔らかな明かりがともり、ロマンチックな雰囲気を演出します。


5.紅柄格子の高欄

金沢情緒の一つである紅柄格子のイメージを取り入れて、城下町のしっとりとした古きよき街並みとの調和を図っています。


データ

形式 一般国道157号
所在地 金沢市片町~野町・千日町
形式 下路式単純曲弦  ワーレントラス橋
橋長 62.308m
幅員 21.669~23.669m
竣工年 大正13年3月 (1924年)