金沢河川国道事務所

尾添川流域での砂防事業

 尾添川上流の中ノ川、丸石谷、目附谷の流域には崩壊地が多く、全国でも非常に高い崩壊面積率となっており、豪雨時には急激に土砂が下流域へ流出します。
 その一方で、1980(昭和55)年手取川ダム完成によって牛首川筋から下流への土砂の供給が断たれたため、下流の河川の河床低下や石川海岸の侵食が心配されました。
 そのため、尾添川筋における砂防事業は、平常時には河川・海岸環境を保全するために下流へ安全な土砂を流し、洪水時には上流からの土砂を堆積させることができる透過型堰堤の尾添川第1号砂防堰堤や尾添川第2号砂防堰堤を整備しています。
写真
尾添川上流域の様子
クリックして拡大
写真
尾添川第1号砂防堰堤(H9年完成大暗渠型式)
クリックして拡大

写真
尾添川第2号砂防堰堤(H19年完成予定スリット型式)
クリックして拡大

写真
中ノ川下流第2号砂防堰堤(S63年完成鋼製立体格子型式)
クリックして拡大