金沢河川国道事務所

平成16年 別当谷土石流災害

平成16年5月17日 別当谷土石流災害

 白山では、前線の影響で5月16日から17日にかけて累計雨量が216ミリメートルに達した。この大雨に融雪が重なったことが土石流発生の主な原因とみられている。

発生日時: 平成16年5月17日 午後4時30分頃
発生場所: 石川県石川郡白峰村字別当谷地先
(現白山市白峰)
被害状況: 別当出合付近砂防新道の吊橋流失
上流の工事用道路の仮設橋流出
別当谷砂防堰堤34基のうち23基が一部破損



国土交通省防災カメラがとらえた土石流の流下状況

土石流発生前
(平成15年)
土石流発生後
(平成16年)
発生前の写真
流失前の状況
平成15年
クリックして拡大
発生後の写真
流失した上流の工事用道路仮設橋
平成16年5月18日
クリックして拡大
発生前の写真
流失前の状況
平成15年
  クリックして拡大
発生後の写真
流失した別当出合の吊橋
クリックして拡大
発生前の写真
土石流発生前
平成15年9月
  クリックして拡大
発生後の写真
土石流発生後
平成16年5月24日
クリックして拡大