TOP > お知らせ
お知らせ

凍結抑制舗装11技術の調査結果の報告(中間報告)~北陸の地域特性への適用条件等を検証~

扱い:配付を以て解禁
平成27年7月17日
記者発表資料
凍結抑制舗装11技術の調査結果の報告
(中間報告)

~北陸の地域特性への適用条件等を検証~
多種多様な新技術が存在する凍結抑制舗装について、北陸の地域特性への適用条件等を検証することを目的に、新技術活用システムの一つである「フィールド提供型」にて公募し、選定した11技術について、試行工事を実施し、更に適応性等を比較・検証する各種調査を実施したところです。
ひと冬を越えた時点での調査結果について、専門家等よりご意見を頂くため、「凍結抑制舗装技術に関する調査検討委員会」を行いました。
また、現時点での調査結果について中間報告致します。

◆調査結果(中間報告)
(1)凍結抑制舗装 現地施工概要    (別紙1)
(2)これまでの経緯            (別紙2)
(3)平成26年度の調査・試験概要     (別紙3)
(4)平成26年度の調査・試験結果     (別紙4)
(5)平成27年度の調査・試験項目(案)  (別紙5)
同時発表記者クラブ お問い合わせ先
新潟・富山・石川県内
その他・専門紙
国土交通省 北陸地方整備局  北陸技術事務所
雪害対策官  本保 薫
電話 025-231-1281(代表)
FAX 025-231-1283

立ち往生車両防止を目的とした注意喚起のポスターです。冬用タイヤへの交換、早めのチェーン装着をお願いします。

先頭に戻る