文字サイズ

しぜんさいがいとたたかった人たち

とやま県には昔からしぜんさいがいによるひがいを小さくしようとど力をした人たちがいました。

佐々堤(さっさてい)をきずいた人

佐々 成政(さっさ なりまさ)【1536~1588】

佐々成政(さっさ なりまさ)がとやまじょう主になるまでの常願寺川(じょうがんじがわ)のあたりはこうずいのひがいがたえず、人々の頭をなやませていました。そこで、佐々成政(さっさ なりまさ)はていぼうをきづきました。それが佐々堤(さっさてい)です。天正(てんしょう)8年(1580年)にきづかれた越中(えっちゅう)はつの川すじていぼうの霞堤(かすみてい)です。川の水は佐々堤(さっさてい)にぶつかることで、かせんの中央へとおしもどされ、水がいがへったそうです。常西(じょうざい)用水を作る時に佐々堤(さっさてい)の一部もそのまま使われてげんざいもそのすがたを見ることができます。せんごくじだいに作られたとは思えないほどりっぱなものです。

さんこうしりょう 「河川の歴史読本(かせんのれきしどくほん) 常願寺川(じょうがんじがわ)」平成(へいせい)13年3月 国土交通省(こくどこうつうしょう)北陸地方整備局(ほくりくちほうせいびきょく)富山工事事務所(とやまこうじじむしょ)

もっと調べたくなったら

佐々成政


殿様林(とのさまはやし)をつくった人

前田 利與(まえだ としとも)【1737~1794】

佐々堤(さっさてい)の近くの常西(じょうざい)用水ろぞいには、たくさんの古いまつの木がつらなっています。これはえどじだい、とやまはん主である前田利與(まえだとしとも)というおとのさまがこうずいを起こしにくくするために作らせた水防林(すいぼうりん)で「殿様林」(とのさまはやし)とよばれています。川岸に木を植えれば、水があふれても土手はあまりけずられませんし、石やどろが林にひっかかるので、田畑のひがいは少なくなります。殿様林(とのさまはやし)は、はじめは約6ヘクタールもあったそうですが200年以上たったげんざいでも100本ほど残っているそうです。

さんこうしりょう 「河川の歴史読本(かせんのれきしどくほん) 常願寺川(じょうがんじがわ)」 平成(へいせい)13年3月 国土交通省(こくどこうつうしょう)北陸地方整備局(ほくりくちほうせいびきょく)富山工事事務所(とやまこうじじむしょ)


河川改修(かせんかいしゅう)が進むように分県(ぶんけん)うんどうをした人

米沢 紋三郎(よねざわ もんざぶろう)【1857~1929】

明治(めいじ)9年(1876年)、とやま県(とうじは にい川県)は石川県とへいごうされました。しかし、今でいうとやま県がわと石川県がわでは地形がことなるため、長い間、すいがいになやまされ、かせんのかいしゅうを早く進めたいもともとのとやま県の人と道路のけんせつにかんしんがある石川県の人との間で意見のくいちがいが起きました。そこでとやまけんをぶんりさせようと米沢紋三郎(よねざわ もんざぶろう)らが中心となって分県(ぶんけん)うんどうをおこしました。米沢紋三郎(よねざわ もんざぶろう)は、せいふに「分県之建白」(ぶんけんのけんぱく)をていしゅつして、せいふにぶんりしたいというねがいをつたえました。そのおかげもあって、明治(めいじ)16年(1883年)、とやま県は石川県からぶんりしました。とやま県がぶんりしたおかげで、とやま県はかせんのかいしゅうに力を入れられるようになりました。

※河川改修(かせんかいしゅう) こうずいがかせんからあふれてひがいを起こすことなどをふせぐために、
かせんをより安全にするための工事を行うこと。

さんこうしりょう 「越中(えっちゅう)のぐんぞう とやまけん百年のきせき」昭和59年3月 富山新聞社(とやましんぶんしゃ)編(へん) 桂書房
「ずせつ 日本のれきし16 ずせつとやま県のれきし」平成(へいせい)5年10月 河出書房新社

もっと調べたくなったら

米沢紋三郎(よねざわ もんざぶろう)


常願寺川(じょうがんじがわ)のかいしゅう工事をしどうした人

ヨハネス・デ・レーケ【1842~1913】

明治(めいじ)6年(1873年)にめいじせいふのまねきで、日本かく地でち水やさぼうのしどうを行っていたオランダ人どぼくぎしのデ・レーケは、明治(めいじ)24年(1891年)にとやま県をおとずれ、常願寺川(じょうがんじがわ)の大工事を計画しました。それまでの常願寺川(じょうがんじがわ)は、かこう近くで大きくカーブし、白岩川と合流していたためどしゃがたまりやすく、たびたびこうずいを起こしていました。デ・レーケは、このカーブをまっすぐにし、川はばも広げ、かこうを白岩川と分けるという計画を立てました。また、常願寺川(じょうがじがわ)のていぼうには、農業用水の取入れ口が用水ごとにつけられていましたが、これがていぼうをくずれやすくしているため、取入れ口を1カ所にまとめ、そこからかく用水に水を流す「合口」の計画を立てました。

さんこうしりょう 「河川の歴史読本(かせんのれきしどくほん) 常願寺川(じょうがんじがわ)」 平成(へいせい)13年3月 国土交通省(こくどこうつうしょう)北陸地方整備局(ほくりくちほうせいびきょく)富山工事事務所(とやまこうじじむしょ)