文字サイズ

品質確保業務

 品質確保業務として、水質、環境及び土木材料に関する調査・試験・測定等を行っています。得られたデータは、安全で快適な暮らしや自然環境保全のために役立てられています

調査・試験・測定等の紹介

水質試験
 河川・ダムの良好な環境を維持するため、定期的に水質試験を行っています。また、水質事故等があった場合は、有害物質の分析も行っています。 水質試験
路面維持調査
 国道の維持管理・修繕を効率的に行うため、路面性状測定車でわだち掘れ、ひび割れ、平坦性の測定を行っています。 路面維持調査
橋梁点検調査
 橋梁の損傷を早期に発見するために、また橋梁の状態を把握し維持管理や補修計画の資料を得るために、定期的に点検を実施しています。 橋梁点検調査
コンクリート構造物のアルカリシリカ反応性調査試験
 コンクリート構造物のひび割れの原因となるアルカリシリカ反応性骨材による損傷について調査試験を行っています コンクリート構造物のアルカリシリカ反応性調査試験
道路橋の塩害対策調査試験
 海岸部で塩害の影響を受ける道路橋について、塩害の実態を把握し、塩害対策のための調査を実施しています。 道路橋の塩害対策調査試験
路面下空洞探査
 通常のパトロールでは発見できない国道の下の空洞を陥没発生前に発見するため、路面下空洞探査車で調査しています。 路面下空洞探査
建設機械に係る騒音・振動・大気質調査
 建設工事における施工環境の予測・評価を目的として、騒音、振動、大気質の調査を行っています。 建設機械に係る騒音・振動・大気質調査