働き方改革・建設現場の週休2日の取り組みについて

 

●国土交通省における週休2日の取り組み

 働き方改革・建設現場の週休2日応援サイトhttp://www.mlit.go.jp/tec/tec_tk_000041.html
 「働き方改革・建設現場の週休2日」Facebookページhttps://www.facebook.com/働き方改革工事現場の週休2日-299847837163515/

●北陸地方整備局における週休2日の取り組み

平成29年度:休日の確保に向けて「建設現場における週休2日の取り組みモデル工事」試行

■取り組み内容

・週休2日実施支援モデル工事(受注者希望型)、週休2日実施支援モデル工事(工程共有強化型)

・積算基準等に基づき、原則として工期算定支援システム活用し工期設定

・工期の設定根拠を特記仕様書で提示

・施工条件確認部会と工程調整部会を開催、モデル工事として希望した場合は開催必須とし工程共有表(CCS等)に休日計画・実績を明記

※工程共有強化型については工程調整部会を1回/月以上開催

・達成(現場閉所・48休相当)できた場合に設計変更にて間接工事費を補正計上

・成績評価については達成できた場合に評価、未達成の場合でもペナルティ無し

■週休2日の考え方について

 

〜参考:過年度の取り組み〜

平成28年度:上記モデル工事と完全週休2日実現モデル工事の追加

■取り組み内容

・準備日数を過去の工事の準備期間を実績に、準備期間中の土休日を考慮して77日に設定(約2倍)

・実工期の割増率最新の暦と気象状況により割増率を見直し(0.10.2増)

・その他、工事円滑化推進会議等の日数として6日を加算

・工事成績を実現できた場合に高く評価、ペナルティは無し

平成27年度:完全週休2日実施支援モデル工事(試行)

■取り組み内容

(入札段階)

・積算基準書に基づく工期について、設定根拠やモデル工事の取り組みを「見積参考資料」として入札参加者に提示

(契約後)

・施工条件確認部会、ウィークリースタンス、工程調整部会の対象とする。

・やむを得ず、土休日に仕事が必要な場合には代休日を確保するルールを受発注者で設定

・発注者は土休日に監理(主任)技術者が仕事をしないで済むよう、また、休日確保のため平日に残業が増加することが無いよう、

ワンデーレスポンスを適切に実施

・経費等の調査、休日取得に関する課題の整理

 

●管内における他機関の情報提供

 新潟県:建設現場におけるワーク・ライフ・バランスの推進について

 富山県:「週休2日制モデル工事」についてのお知らせ

 石川県:いしかわ土日おやすみモデル工事について

 新潟市:「完全週休2日取得モデル工事」試行について