公共工事の品質確保の促進に関する法律【品確法】HP   最終更新日:
2017/11/06


 品確法が平成17年4月に施行され、公共工事の発注者は、公共工事の品質が確保されるよう、発注関係事務を適切に実施することが求められました。
北陸地方整備局では、公共工事の発注者責任協議会を設置し、発注関係事務を適切に実施することができるよう支援を行うこととしています。今年度の取組計画の一環として、直轄工事検査(本官・分任官)に県・市町村の職員が臨場立会を行い、検査技術の習得を図ることとしました。


目的

 県・市町村職員における工事検査・工事成績評定技術の習得を目的とする。

実施計画

各県、市町村検査担当職員を対象
  a.多工種(築堤・護岸、道路改良、舗装、橋梁上下部等)
  b.工事規模(大中小)
  c.机上及び現場
  d.少人数・多数回の開催(2〜4人/回)
  e.今年度については、下記事務所にて開催
    【新潟県】 新潟国道事務所、長岡国道事務所、高田河川国道事務所、
       羽越河川国道事務所、信濃川河川事務所、信濃川下流河川事務所
       阿賀野川河川事務所、湯沢砂防事務所、国営越後丘陵公園事務所
    【富山県】 富山河川国道事務所、黒部河川事務所、立山砂防事務所
       利賀ダム工事事務所
    【石川県】 金沢河川国道事務所
  対象期間
    平成29年 6月〜11月 計6ヶ月間



臨場立会に参加するには

対象者は、工事検査・工事成績評定表を実施する(もしくは予定)、県・市町村職員となります。一般の方は申込み出来ません。
工事検査に臨場を希望する県・市町村職員は、下記「臨場対象工事検査予定」を確認し、臨場希望の工事名、工事場所等を申込みフォーム、もしくはFAXにて申し込んでください。
申込み確認後、北陸地方整備局 企画部 技術管理課より、希望者へ参加可否の連絡を検査予定日の3日前までに連絡します。
(参加希望者多数の場合、工事の進捗状況によっては、臨場できない場合があります。)
詳細については「直轄工事検査への臨場立会に関する要領」をご確認ください。





  

<トップに戻る>


お問い合せ先
 
国土交通省 北陸地方整備局 企画部 技術管理課
〒950−8801 
   新潟県新潟市中央区美咲町1丁目1番1号 新潟美咲合同庁舎1号館
  電話番号     025−280−8880
  FAX        025−280−8861
  mail         hinkaku@hrr.mlit.go.jp