阿賀野川河川事務所 Twitterを別ウィンドウで開きます

サイト内検索 検索

阿賀野川重要水防箇所


※重要水防箇所は、阿賀野川の河川状況の変化や改修事業の進捗等により、毎年更新するものです。
「重要水防箇所」とは、洪水時に危険が予想され、重点的に巡視点検が必要な箇所をいいます。
「重要水防箇所」には、
A:水防上最も重要な区間
B:水防上重要な区間
要注意区間
の3ランクがあり、堤防の高さや洪水流下のための断面、堤防からの漏水等の観点から指定されます。

「重要水防箇所のランク」の解説
堤防高
Aランク 計画高水流量流下時の水位が、現況の堤防高を越える箇所。 堤防高解説図
Bランク 計画高水流量流下時の水位と現況の堤防高との差が、計画の余裕高に満たない箇所。
堤防断面
Aランク 計画堤防断面の1/2に満たない箇所、あるいは現況の堤防天端幅が計画で定めた天端幅の1/2に満たない箇所。 堤防断面解説図
Bランク 計画堤防断面に不足しているが、1/2以上確保されている箇所。
法崩れ・滑り
Aランク 法崩れまたはすべりの実績があり、その対策がとられていない箇所。
Bランク 法崩れまたはすべりの実績があり、その対策が暫定的にとられている箇所。また地盤の土質等から法崩れ、すべりが発生する恐れがある箇所で、所要の対策が未施工の箇所。
漏水
Aランク 漏水の実績があり、その対策がとられていない箇所。
Bランク 漏水の実績があり、その対策が暫定的にとられている箇所。また、かつて破堤した箇所等、漏水の発生する可能性がある箇所で、所要の対策がとられていない箇所。
水衝・洗掘
Aランク 堤防前面の河床が深掘れしている、橋脚の取り付け部等が破損している箇所等のうち、何らかの対策もとられていない箇所。
Bランク 堤防前面の河床が深掘れにならない程度に洗掘されているものの、その対策がとられていない箇所。
工作物
Aランク 改善措置が必要な河川工作物(堰、橋梁、樋管等)が設置されている箇所、または河川を横断する構造物の桁下が計画で定められている流量が流れたときの河川水位よりも低い箇所。
Bランク 河川を横断する構造物の桁下高と、計画で定められている流量が流れたときの差が、計画の余裕高に満たない箇所。
工事施工
要注意 出水期間中に堤防工事等を行う箇所。
新堤防・破堤跡・旧川跡
要注意 新規に施工された堤防で、築造後3年に満たない箇所。また破堤実績がある箇所や旧川跡。
陸閘
要注意 陸閘が設置されている箇所。
平成30年度
阿賀野川重要水防箇所図
阿賀野川重要水防箇所図
PDFで開きます 新潟市流域(794KB)
PDFで開きます 阿賀野市・五泉市流域(945KB)
平成30年度
阿賀野川重要水防箇所一覧

新潟市流域 阿賀野市・五泉市流域  ページトップへ戻る