特 集 阿賀川と河川伝統技術
【阿賀川の河川伝統技術保存・活用方策のご紹介】
阿賀川とあいづのかかわり
名前の由来
 阿賀野川の上流部の名称である阿賀川のアガの名前の由来のひとつとして、仏教用語『閼伽』(アカ、水の意味)が変化したもので、水量の豊富なことを意味することも一つの由来といわれている。




古代〜中世
古くから中央に組まれていたあいづ
 会津には大塚山古墳やその他の古墳が存在する。このことは、この頃すでに大和朝廷との結びつきがあった事を示すものである。
 稲作が始まると、当然、水が必要になるが、当時の技術力から阿賀川のような大河川を制御していたと考えられず、小さな河川を利用・制御していたものと考えられる。

暴れ川 阿賀川
 会津の歴史をしる最も古い資料によれば、応永26年(1419)の阿賀川の流路は現在の宮川(鶴沼川)であったことがわかる。その後、約100年後の記録、天文5年(1536)では、阿賀川の流路は、現在の流路に近いものになっている。
 このように阿賀川は昔、縦横無尽に暴れていた。
縦横無尽に流れる阿賀川
戦国〜近世
幻の湖 山崎湖
 慶長16年(1611)、この地方に大地震があった。この大地震により会津盆地下流で山崩れが起こり、阿賀川出口が塞がれ山崎湖が出現した。この山崎湖の水抜き工事には大変苦労したようである。山崎湖出現から半世紀経過し保科氏の時代に変わってから、何とかこの水抜き工事に成功し、この山崎湖がなくなったという。
山崎湖の出現

新田の開発
 先の「暴れ川 阿賀川」でも説明したように戦国時代の頃、阿賀川本川が今の鶴沼川を流れていたことがあったが、再び現在の流路に戻ったことがある。このとき、かつての流路跡は次々と新田として開発されたという。
 現在、鶴沼川沿いの地域で「〜新田」という名前がたくさんあるが、このときのなごりである。
新田開発された阿賀川の流路跡
(出展:「歴史春秋」第44号 平成8年会津史学会)

阿賀川の舟運
 江戸時代〜明治初期までの間、全国的に河川舟運で大量の荷物を運ぶようになった。阿賀川では下流の新潟、大阪までの航路、ほとんど陸路であるが猪苗代湖上の舟運が発達した。行きの会津からは、米や薪炭等を運び、帰りに塩を中心に綿布、古手細物、太物、海産物等生活必需品を運んできた。
明治の頃の阿賀川舟運
近代
安積疏水の開発
 明治維新後、氏族授産の国家プロジェクトのひとつとして安積疏水が開発された。

豊富な水量を利用した電源開発
 阿賀川流域、特に只見川流域では豊富な水量と落差を利用した電源開発が大正以降、特に戦後盛んに行なわれた。現在でも発電された電力は主に首都圏に送られている。
安積疏水のため改築された十六門水門

下流狭窄部の開削
 阿賀川の下流部は、複雑に蛇行した山間狭窄部になっていたが、大正期から現在にかけて開削され、下流の治水安全度は大きく向上した。
阿賀川下流の狭窄部の開削工事
現代
 現在、川本来の美しさと多様性を取り戻すため多自然型川づくりが全国的に進められるようになった。このため我が国の河川伝統工法が再び見直されるようになった。
阿賀川で施工された聖牛




今、なぜ河川伝統技術か?日本の川と国土開発阿賀川の河川伝統技術河川伝統技術の評価伝統技術の保存・活用方策
特集「阿賀川と河川伝統技術」に戻る