【阿賀川の歴史】

近代


■安積疏水の開発

明治維新後、氏族授産の国家プロジェクトのひとつとして安積疎水が開発された。


■豊富な水量を利用した電源開発

阿賀川流域、特に只見川流域では豊富な水量と落差を利用した電源開発が大正以降、特に戦後盛んに行なわれた。現在でも発電された電力は主に首都圏に送られている。


■下流狭窄部の開削

阿賀川の下流部は、複雑に蛇行した山間狭窄部になっていたが、大正期から現在にかけて開削され、下流の治水安全度は大きく向上した。



  • 阿賀川の歴史