大川ダムの概要

大川ダムは、阿賀野川総合開発事業の一環として建設された多目的ダムです。

その目的には、洪水調節、洪水の正常な機能の維持、かんがい用水、水道用水、工業用水の確保、揚水式及びダム式発電が含まれています。 また、大川ダムは、阿賀川本川に立地していて上流の流域面積が大きく、洪水の流入量が大きくなっています。そのため、治水・利水に関する 放流施設をはじめとする管理設備は、その種類・数ともに多くなっています。

さらに、貯水池の容量配分、治水と利水(揚水発電)の両容量に重複部分があるため、予備放流を前提とした洪水調節が計画されており、 複雑な貯水池運用が必要とされます。

諸元 位置関係図
貯水池容量分配図

  • 大川ダムについて